CentOS 6.3にシステムワイドなrbenv+ruby-buildの環境を構築する手順

More than 5 years have passed since last update.


1. rbenvとruby-buildのインストール

全てのユーザで共有したいのでrbenvを/usr/localにインストールする。rootで作業する。

# cd /usr/local

# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv
# mkdir rbenv/shims rbenv/versions
# groupadd rbenv
# chgrp -R rbenv rbenv
# chmod -R g+rwxXs rbenv
# git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ruby-build
# cd ruby-build
# ./install.sh


2. 環境変数の設定

rbenvとruby-buildを全ユーザで利用するために環境変数を設定する。

けれども、どこで、どのように設定するかが悩む。

今回は/etc/profile.d下に環境変数を設定するshell scriptを作成する方法をとる。


/etc/profile.d/rbenv.sh

export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"

export PATH="/usr/local/rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"


3. sudo時に環境変数のPATHを引き継ぐ設定をする

# visudo

を実行し、

Defaults    env_reset

Defaults env_keep = "COLORS DISPLAY HOSTNAME HISTSIZE INPUTRC KDEDIR LS_COLORS"
Defaults env_keep += "MAIL PS1 PS2 QTDIR USERNAME LANG LC_ADDRESS LC_CTYPE"
Defaults env_keep += "LC_COLLATE LC_IDENTIFICATION LC_MEASUREMENT LC_MESSAGES"
Defaults env_keep += "LC_MONETARY LC_NAME LC_NUMERIC LC_PAPER LC_TELEPHONE"
Defaults env_keep += "LC_TIME LC_ALL LANGUAGE LINGUAS _XKB_CHARSET XAUTHORITY"

Defaults    env_keep += "PATH"

を追記する。

インストールは個々までで完了。

あとは再ログインしてrbenv install --listとかで確認すればOK.