Posted at

Rubyメモ

More than 5 years have passed since last update.


Mac OSに rbenv + ruby 1.9.3 + Rails 3.2.3な環境を構築したときのメモ


rbenvのインストール

rvmで困ってないからいいんでない?というのは本音。


rbenvとは

ここが分かりやすかった。


インストールコマンド


  • rvmをインストールしているなら共存できないのでアンインストールする。

> rvm implode

~/.zshrcのrvm設定も削除する。


  • rbenv、ruby_buildのインストール

renvはシンプルなのでrvmのinstallコマンドに相当する機能はない。rubyをインストールするにはruby_buildを使うため一緒にインストールする。

> brew install rbenv

> brew install ruby_build
> echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc
> source ~/.zshrc


ruby 1.9.3のインストール

> CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=/usr/local" install 1.9.3-p125

> rbenv rehash
> rbenv global 1.9.3-p125

ruby -vで ruby 1.9.3p125的な文字列が出ればおk。


rbenvコマンド

とりあえず使ってみた物だけ。もっとある。


  • versions: rbenvで管理されているrubyのバージョンを表示する。

  • version : 現在利用しているrubyのバージョンを表示する。

  • grobal [rubyバージョン] : デフォルトで利用するrubyのバージョンを設定する。

  • local [rubyバージョン] : そのフォルダ以下で利用したいrubyのバージョンを設定する。


ruby-buildオプション

これもとりあえず使ったものだけ。もっとある(と思う。)

--definitions : インストール可能なrubyのバージョンを表示する。


Bundlerでrails 3.2.3インストール


bundlerのインストール

> gem install bundler

bundle -vで Bundler version 1.1.3 的な文字列が出ればおk。


railsのインストール

railsのインストールってよりはBundlerの使い方だな。

> mkdir /your/railsapp/path

> cd /your/railsapp/path
> bundle init

bundle initで簡単なGemfileができるので生成されたGemfileを修正する。


編集前Gemfile

# A sample Gemfile

source "https://rubygems.org"

# gem "rails"



編集後Gemfile

# A sample Gemfile

source "https://rubygems.org"

gem "rails" , '3.2.3'


編集できたらbundle install --path vendor/bundle

railsのインストールが完了したらbundle exec rails -vでRails 3.2.3がでればおk。

bundle exec rails new .

Gemfileが衝突するので上書きする。

バージョンによるものなのか不明だが、下記エラーが表示された場合にはtherubyracerが足りないので、上書きしたGemfileでコメント化されているgem ‘therubyracer’を追加して再度

bundle install –-path vendor/bundleを実行する。

(パスは指定する必要ないと思うが念のため。)


エラー内容

/usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p125/gems/bundler-1.0.22/lib/bundler/resolver.rb:280:in `resolve': Could not find gem 'jquery-rails (>= 0) ruby' in any of the gem sources listed in your Gemfile. (Bundler::GemNotFound)


後はrailsコマンド等を使う場合はbundle execを忘れず付けることぐらい。