Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS7でMacのHFS+ドライブをマウントする

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

先日稼働させたCentOS7上のsambaサーバーのNASに、もともとMacで共有していたドライブをコピーしたくてHFS+をマウントさせよう!というお話。

WiFi経由でファイルコピーしようとしたら遅すぎて・・w

Do it!

kmod-hfsplusをインストールする

yumコマンド・・・のリポジトリが足りてないので追加します。
で、インストールします。

# rpm -Uvh http://www.elrepo.org/elrepo-release-7.0-2.el7.elrepo.noarch.rpm
# yum install kmod-hfsplus

HFS+パーティションをマウントする

partedコマンドでパーティションを確認します。
注意:fdiskコマンドだとGPTはうまく表示されないのでドツボにハマります!

# parted -l

モデル: BUFFALO External HDD (scsi)
ディスク /dev/sdb: 3001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt
ディスクフラグ: 

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前                  フラグ
 1    20.5kB  210MB   210MB   fat32             EFI System Partition  boot
 2    210MB   3000GB  3000GB  hfs+              Share HD 2

マウントしてみましょう。(リードオンリーです)

# mount -t hfsplus -o ro /dev/sdb2 /media/hfs

いけたかな?

# ll /media/hfs

合計 776
drwxrwxr-x 1 nobody nobody      9  5月  2  2016 Backup
drwxrwxr-x 1 nobody nobody     36  1月 11 13:29 Books
drwxrwxr-x 1 nobody nobody      6  8月 14  2015 Develop
drwxr-xr-x 1 nobody nobody      4  6月 18  2016 Documents
drwxrwxr-x 1 nobody nobody      4  3月 22  2015 Games
drwxrwxr-x 1 nobody nobody      8  2月 15 23:37 Media
drwxrwxr-x 1 nobody nobody     11 10月 29 22:23 Movies
drwxrwxr-x 1 nobody nobody     21 10月 30 01:26 Music
drwxrwxr-x 1 nobody nobody     15 12月  4 15:47 Photos
drwxr-xr-x 1 nobody nobody      5  5月 15  2016 Users
drwxrwxr-x 1 nobody nobody      5 10月 30 13:59 Virtual
drwxr-xr-x 1 nobody nobody      7  2月 11 22:00 Works

見えましたw

参考

CentOS7 で Mac で使っている外付けハードディスク (hfsplus) を読む

s-suefusa
IoTやってます。MyはんだごてとMyオシロ会社に置いてます。 AIやってます。後輩と一緒にUniboいじってます。 スマホアプリ作ってます。Monaca使います。 サーバーアプリ作ります。Node.jsでサクッと、中はJavaでジューシーに。 クラウドは会社のbaasを推しますが、個人的にはFirebaseかAWSか。 とにかく、フルスタックなエンジニアらしいです。
peoplesoftware
主にJavaやC#を使った受託開発や、BaaSなどのクラウドサービス、スマホアプリの自社開発を行っている会社です。※各記事の内容は個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません。
http://www.pscsrv.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away