Help us understand the problem. What is going on with this article?

Carloをpkgでパッケージ化してみた(おまけ付き)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

:link: CarloでNode.jsのツールにGUIをもたせる

こちらの記事を拝見して「Calroの開発チーム曰く、 pkg を利用すればいいんじゃね?」ということなので、早速試してみました。

Carlo の examples/systeminfo を pkg でパッケージ化してみる

まずは適当なディレクトリに Carlo を落としてきます。

$ git clone https://github.com/GoogleChromeLabs/carlo.git

中に examples/systeminfo があるので、これを使えるようにします。

$ cd carlo/examples/systeminfo
$ npm install

次に pkg を使えるようにします。

$ npm install -g pkg

最後に、pkg で systeminfo をパッケージ化します。

$ pkg .

なにやら3つほどファイルができました。

  • systeminfo-app-linux
  • systeminfo-app-macos
  • systeminfo-app-win.exe

キャプチャ.PNG

27~42MBほどです。小さい。。のかな?

実行してみる

手元の環境がWindowsですので、systeminfo-app-win.exeファイルを実行してみます。

キャプチャ.PNG

起動しました!
がっ、右下のCUI窓も立ち上がってしまいました。
先にNode.jsが立ち上がるので致し方ないのですが。。。
Electron のように、窓単体というわけにはいかないようです。

おまけ

Electronの場合、パッケージを作るときは electron-packager が使えます。これを Carlo に使うとどうなるの?
ということで、これも試してみました。

electron-packagerを使えるようにします。

$ npm install -g electron-packager

パッケージ化します。

$ electron-packager . systeminfo --electron-version=3.0.9

※バージョン指定しないとElectronのバージョンがわからん!と怒られるので、バージョンだけ指定してあげます。

できたようです。さすがにこちらはランタイムがてんこ盛りでボリューミーですね。。

キャプチャ.PNG

起動します。

無題.png

おお!今度は単独の窓で起動できました!

余計なランタイムがてんこ盛りになって、いったい何がどう動いているのかはわかりませんが、Carlo を electron-packager でパッケージ化することができました。

このあたり、どちらでパッケージ化した方がお得かなど、わかるかたいらっしゃいましたら是非コメントください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away