Java
debug
Codenvy

CodenvyでJava開発: Consoleアプリdebug

目的

Codenvyを使ってJava Consoleアプリケーションをdebugする方法の説明

前提条件

Codenvy環境で「Hello World!実行」或いmaven Consoleプロジェクト作成ずみ

内容

  • pom.xmlファイルにmainClass追加
  • debug コマンド作成
  • debug 設定
  • debug 実行

pom.xmlファイルにmainClass追加

  1. Projects Explorerからpom.xmlをダブルクリック
    WS000013.JPG

  2. maven-jar-pluginの設定追加
    WS000014.JPG

debug コマンド作成

  1. Commands ExplorerからDEBUGよこの「+」クリック
    WS000015.JPG

  2. Javaを選択
    WS000016.JPG

  3. NameとCommand Lineを入力し、「SAVE」ボタンクリック
    WS000017.JPG

debug 設定

  1. 「Run」メニューの「Edit Debug Configurations」を選択
    WS000018.JPG

  2. JAVAよこの「+」ボタンクリック
    WS000019.JPG

  3. Nameを入力し、「Save」ボタンクリック
    WS000020.JPG

debug 実行

  1. 行番号クリックでべれーくポイント追加
    WS000021.JPG

  2. 追加されたのが分かりずらいが、debug画面からも確認可能
    WS000022.JPG

  3. debugボタンから追加したdebugコマンドを実行
    WS000023.JPG

  4. [Listening for transport dt_socket at address:8000]が表示されたら、debug実行
    WS000024.JPG
    WS000025.JPG
    WS000026.JPG

  5. 処理がブレークポイントでとまる
    WS000028.JPG

  6. debugツール
    WS000027.JPG

  7. debug実施
    (Variablesから値変更)
    値を選択し、編集ボタンクリック
    WS000029.JPG

  8. 値を修正
    WS000030.JPG

  9. 修正内容確認
    WS000031.JPG

  10. 実行結果確認
    WS000032.JPG

参考内容

debugコマンド:https://codenvy.com/docs/user-guide/debug/index.html