Edited at

virtualbox(centos)にphpenvで入れたphpにPECL::memcachedをインストールする方法メモ

More than 5 years have passed since last update.

phpenvで入れたphpにpeclのmemcachedをインストールするメモ


環境


  • centos6.3(ゲストOS)

  • macosx10.8(ホストOS)


事前準備に必要なもの


  • phpenvの環境 ※作っていない場合はpecl installとかでサクッとインストールしてください。

  • remiのリポジトリが必要です。入れていない場合は外部リポジトリの追加(remi,epel)を参考にして入れてみてください。


必要なものをインストールする

最新のバージョンのPECL::memcached 2.1.0の場合はデフォルトのcentosのリポジトリのlibmemcachedだとエラーになったのでremiから取ってくる。

yum install memcached memcached-devel

yum install libmemcached libmemcached-devel enablerepo=remi


peclからmemcachedを取得する

cd /tmp

wget http://pecl.php.net/get/memcached-2.1.0.tgz
tar zxvf memcached-2.1.0.tgz
cd memcached-2.1.0


phpizeでコンパイル

いつもどおり


shell:/tmp/memcached-2.1.0

cd /tmp/memcached-2.1.0

phpize
./configure
make
make test
make install


memcachedのサービスの起動(自動起動)

/etc/init.d/memcached start

chkconfig memcached on


nginx or httpd の再起動

php-fpmならそっちも再起動したほうがいいかも

#nginxの場合

/etc/init.d/nginx stop
/etc/init.d/nginx start
#httpdの場合
/etc/init.d/httpd stop
/etc/init.d/httpd start

phpinfo()とかで見る

以上