bootstrap

Bootstrapを初めて使ってみる

Bootstrapとは

Twitter社が開発したCSSのフレームワーク
レスポンシブルデザインに対応していて簡単に記述できるとか。

Bootstrapのダウンロード方法

まずは下記URLから資材をダウンロードします。
今回は、v4.0.0をダウンロードしてみます。

URL http://getbootstrap.com/

2017-12-15_100859.jpg

DL2.jpg

解凍したら準備完了!
フォルダ.jpg

早速使ってみよう

公式ページのサンプルをもとに
少し改編してみました。

index.html
<html lang="ja">
  <head>
    <title>Hello, world!</title>
    <!-- Required meta tags -->
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">

    <!-- Bootstrap CSS -->
    <link rel="stylesheet" href="css/bootstrap.min.css">
  </head>
  <body>
    <h1>Hello, world!</h1>

    <!-- Optional JavaScript -->
    <!-- jQuery first, then Popper.js, then Bootstrap JS -->
    <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.12.3/umd/popper.min.js" integrity="sha384-vFJXuSJphROIrBnz7yo7oB41mKfc8JzQZiCq4NCceLEaO4IHwicKwpJf9c9IpFgh" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="js/bootstrap.min.js"></script>
  </body>
</html>

注意点としては、javascriptを読み込むところのコメントに記載されているように
Jquery、Popper.js、Bootstrap JSという順番で読み込む必要があります。

Popper.jsというのはBootstrap4から追加された依存ライブラリらしいです。
JqueryとPopper.jsは外部から読み込んでいます。

<h1>Hello, world!</h1>
の箇所をBootstrap で用意されている方法でボタンにしてみます。

<button type"button" class="btn btn-primary">Hello, world!</button>

以上!画面で見るとこんな感じです。

ボタン.jpg

次回はBootstrap を使ってレスポンシブルな一般的なTOPページみたいなのを作ってみたいと思います!