Edited at

プロキシ環境でのgithubの接続

More than 1 year has passed since last update.

プロキシ環境でGithubに接続する際にはターミナルでちょっとした設定をしないと接続することができません。

今回はプロキシ環境でGithubに接続する際の設定を説明したいと思います。


Macでの設定


ターミナル自体にプロキシの設定をする

export http_proxy="http://プロキシ名:ポート番号"

export https_proxy="http://プロキシ名:ポート番号"

と実行しましょう。

こうすることによってターミナル自体に、現在のプロキシ環境を設定することができます。

ターミナルのプロキシ設定を解除するには、以下のコマンドを実行します。

export http_proxy=""

export https_proxy=""


gitのglobal設定にプロキシの設定をする

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

git config --global http.proxy http://プロキシ名:ポート番号

git config --global https.proxy http://プロキシ名:ポート番号

Gitにプロキシの設定が書き込まれました。

git configのプロキシ設定を削除するときは、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

git config --global --unset http.proxy

git config --global --unset https.proxy

設定が反映されているかどうか確認する時は、ターミナルで以下のコマンドを実行してみましょう。

git config --list

このコマンドは、現在のgitの設定を確認することができます。

最後のところに上で書いた設定が表示されていればすべての設定の完了です。