Edited at

Windows7 EnterpriseをProfessionalにダウンエディションした。

More than 3 years have passed since last update.

会社で使用しているマシンはプリインストールOSがWindows7 32bitだったので、使うことなく64bit版をクリーンインストール。

しかし、Enterprise Editionのライセンスで入れてしまっていた。

enterprise.png

このたび、MSDNの期間切れでWindows7はライセンスを返却せざるを得ない状況に。

7→8→8.1Updateとしてもいいが、8に対しては一抹の不安があるので、別に買ってあったDSP版Professionalを上書きインストールしてダウンエディションすることにした。

まずはレジストリエディタで、下記のツリーにある

HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion

HKLM\Software\Wow6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
2つのキーを変更。


ProductName

"Windows 7 Enterprise" → "Windows 7 Professional"



EditionID

"Enterprise" → "Professional"


この状態でリブートせずに、DSP版Windows7 Professional SP1(64bit)のDVDを入れてアップグレードを選択。

upg.png

何度か再起動を繰り返して、無事に完了しました。

professional.png

SSDのおかげで、所要時間は1時間強。

まだしばらくはWindows7を使い続けることにします。