Help us understand the problem. What is going on with this article?

【G検定】まとめノート(人物編)

はじめに

G検定に人物の知識が問われるわけで、 カンペを作成知識を整理するためにメモを公開したいと思う。選択肢を削除する際に使えるメモにしたい。

ジェフリー・ヒントン

ディープラーニングの父。今は、トロント大学の教授で、Google Brainプロジェクトの研究者でもある。
2006年にはオートエンコーダや深層信念ネットワークという手法を提唱。ディープラーニングの基礎を築く。
2012年には人工知能を用いて画像の認識力を競うコンテスト、「ILSVRC」ではディープラーニング(AlexNet)を用いて圧倒的に優勝する。

アラン・チューリング

人工知能ができたかどうかを判定するテストである「チューリングテスト」を提唱。別の場所にいる人間がコンピュータと会話して、相手がコンピュータだと見抜けなければ知能があるとする。

アンドリュー・ング

「Google Brain」や「coursera」の立ち上げにたずさわる。今はBaidu研究所に勤務。

ヤン・ルカン

Facebookの人工知能研究所やニューヨーク大学に勤務。
LeNetと呼ばれる有名なCNNモデルを考えた。手書き数字を集めたデータセット「MNIST」を作った。
GANを高く評価した。

レイ・カーツワイル

未来学者で「シンギュラリティ」という人工知能が人間よりも賢くなる年が来ることを予見する。

ジョン・マッカーシー

パトリック・ヘイズとの共同論文でフレーム問題を提唱。余談だが、LISP言語を作った人。

ジョセフ・アイゼンバウム

人工無能として有名な「ELIZA」を書き上げた人。

ジョン・サール

強いAI・弱いAIという用語を作った人。中国語の部屋という思考実験をする。

ロジャー・ペンローズ

『皇帝の新しい心』という著書の中で「強いAI」は実現できないと主張。

ダニエル・デネット

フレーム問題の難しさを伝えるために、ロボットのたとえを挙げた。

スティーブン・ホーキング

「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と発言。

イーロン・マスク

人工知能を研究する非営利団体の一つである「Open AI」の創業者の一人。
人工知能に対して「人工知能にはかなり慎重に取り組む必要がある。結果的に悪魔を呼び出していることになるからだ。」という脅威論を述べる。

オレン・エツィオーニ

人工知能に対して「コンピュータが世界制覇するという終末論的構想は『馬鹿げている』としか言いようがない」と発言し脅威論をけん制した。

福島邦彦

CNNの原型ともいえる、単純型細胞と複雑型細胞の2つの細胞の働きを組み込んだモデルである「ネオコグニトロン」を提唱。

アーサー・サミュエル

機械学習を「明示的にプログラムしなくても学習する能力をコンピュータに与える研究分野」と定義した。

イアン・グッドフェロー

生成ネットワークと識別ネットワークからなる教師なし学習手法である敵対的生成ネットワークを提唱した。ヤン・ルカンはGANについて「機械学習において、この10年間で最も面白いアイデア」であると評価した。

デミス・ハサビス

DeepMindの設立者。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away