search
LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

jenvを使って、複数バージョンのJavaを使えるようにする

jenv

現場の開発で、複数バージョンのJavaを使う機会が出てきたので、
切り替えながら使う方法を整理しました。

インストールと設定

GitHubに公開されているので、もってきて設定します。

$ git clone https://github.com/gcuisinier/jenv.git ~/.jenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.jenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(jenv init -)"' >> ~/.bash_profile

Java homeの登録

Javaは事前にインストールしておいてください。addで、Javaのホームディレクトリを登録していきます。

$ jenv add /usr/lib/jvm/java-11-openjdk-amd64
$ jenv add /opt/jdk1.7.0_80/

バージョンの確認

$ jenv versions
  system
* 1.7 (set by /home/hogehoge/.jenv/version)
  1.7.0.80
  11.0
  11.0.3
  openjdk64-11.0.3
  oracle64-1.7.0.80

環境の切り替え全体のJavaバージョンの切り替え

$ jenv global oracle64-1.7.0.80

所定のディレクトリは配下のJavaバージョンの切り替え

$ mkdir java7
$ cd java7
$ jenv local oracle64-1.7.0.80

これでjava7の配下でのみJavaのバージョンが変わります

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1