PHP

学びの記録 〜Progate PHP Ⅳ 〜

未来電子テクノロジーでインターンをしているryota_miraidenshiです。

今回はPHPⅣを学んで覚えておきたいポイントをまとめておきます。


クエリ情報

リンクを押してもどのリンクを押してこのページに飛んだのかという情報は渡さなければわかりません。

そこで使われるのがクエリ情報で、具体的にはURL以降に「?キー名=値」を記述します。

スクリーンショット 2019-02-07 11.53.30.png

クエリ情報を受け取るためには、セレクトボックスの情報は「$POST['name属性名']」で記述していたのと同様に、「$GET['キー名']」で受け取ることができます。


returnの役割

returnの役割は文字通り値を返すことですが、もう一つ大事な役割があります。

それがreturnが呼ばれた部分で関数やメソッドの処理を終了させることです。

for文で繰り返し処理を行っていた場合もreturnが呼ばれるとそれ以降のループ処理は行われません。


ユーザーの識別

ユーザーを識別するのに名前を使用すると同じ名前のユーザーがいた場合に識別できなくなってしまいます。

そこで必要なのが一意の何らかの値を割り振るということです。

今回はidとしてユーザーを識別するのに使用しました。


最後に

PHPの学習を通して実際に自分で手を動かして何らかのページであったりサービスであったり作ってみることが大事だと思いました。

それをすることでここで学んだことの復習にもなり、新しい発見や知識にも繋がると思います。