Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power BI Desktop上のテーブルのデータをテキストファイル(CSV、TSV)にエクスポートする方法

概要

DAX Studioにて、30,000行をPower BI Desktop上のテーブルのデータをテキストファイル(CSV、TSV)にエクスポートする方法を共有します。

Power BI には、ビジュアルからデータをエクスポートすることも可能ですが、下記のようにレコード数に制約があります。

  • Power BI Desktop および Power BI サービスインポート モード レポートから .csv ファイルにエクスポートできる最大行数は、30,000 です。


  • アプリケーションでインポート モード レポートから .xlsx ファイルにエクスポートできる最大行数は、150,000 です。

引用元:視覚エフェクトの作成に使用されたデータをエクスポートする

本手順で、上記制約を超えたレコード数のデータをエクスポートが可能となり、下記のような活用ができそうです。

  • Power BI Dataflowに接続して、データをエクスポート
  • Power BI Premiumであれば、データモデルに接続し、データをエクスポート

利用ツール 

  • Power BI Desktop
  • DAX Studio

DAX Query結果をエクスポートする方法

手順

  1. Power BI Desktopに、ファイルを開く。必要に応じてでデータをインポート。
    image-20200522100017941.png

  2. DAX Studioにて、レポートに接続する。
    image-20200522100307786.png

  3. DAX Studioにて、"Output"を"File"に設定し、下記のクエリを実施。
    image-20200522100519636.png

コードサンプル:

EVALUATE
    {テーブル名}

実例:

EVALUATE
    SalesFact

 4. エクスポートしたファイルを確認(本手順では、ヘッダー行を除き、1,260,752行。)。

image-20200522100811540.png

DAX Studioのエクスポート設定について

  1. "ファイル"タブを選択します
    image-20200522101800751.png

  2. "Options"→"Standard"→"Custom Export Format"にて、エクスポートする形式を変更可能。
    image-20200522101814263.png

image-20200522101907622.png

複数のテーブルを一括でエクスポートする方法

  1. "Advanced"→"Export Data"を選択。
    image-20200522110340626.png

  2. "CSV Files"を選択。
    image-20200522110416709.png

  3. データ保存先、ファイル形式を選択し、"Next >"を選択。
    image-20200522110450960.png

  4. エクスポート対象のテーブルを選択。
    image-20200522110549458.png

  5. ファイルがエクスポートされていることを確認

image-20200522110734674.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした