LoginSignup
57

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

【Android】Android StudioプロジェクトにVolleyを組み込む

1. はじめに

Qittaroを作る上で使ったライブラリの導入と使い方を紹介したいと思います。

というより、この記事はお世話になった記事の紹介になります。

その上で、自分で修正を加えた部分も合わせて紹介したいと思います。

2. Volleyの追加

Androidプロジェクトを新規作成してVolleyが使えるようになるまで

このブログの記事を読んで、なんの問題もなく導入できました。

本当にありがとうございました。

3. ちょっと修正

まず自分のbuild.gradleです。

build.gradle
apply plugin: 'com.android.application'

android {
    compileSdkVersion 20
    buildToolsVersion "20.0.0"

    defaultConfig {
        applicationId "xyz.ryochin.qittaro"
        minSdkVersion 9
        targetSdkVersion 20
        versionCode 2
        versionName "1.0.1"
    }

    signingConfigs {
        debug {
        }
        release {
            storeFile file(RELEASE_STORE_FILE)
            storePassword RELEASE_STORE_PASSWORD
            keyAlias RELEASE_KEY_ALIAS
            keyPassword RELEASE_KEY_PASSWORD
        }
    }

    buildTypes {
        debug {
            signingConfig signingConfigs.debug
        }
        release {
            signingConfig signingConfigs.release
            runProguard false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile project(':modules:volley')
    compile 'com.google.android.gms:play-services:+'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:20.+'
}

注目はcompileSdkVersion 20buildToolsVersion "20.0.0"です。

この状態でのVolleryのbuild.gradleは以下のコードで特にエラーが出ずに済みました。

modules/volley/build.gradle
buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.12.+'
    }
}

apply plugin: 'com.android.library'

android {
    compileSdkVersion 20
    buildToolsVersion = 20

    sourceSets {
        defaultConfig {
            testApplicationId 'com.android.volley.tests'
        }

        main {
            assets.srcDirs       = ['assets']
            res.srcDirs          = ['res']
            aidl.srcDirs         = ['src']
            resources.srcDirs    = ['src']
            renderscript.srcDirs = ['src']
            java.srcDirs         = ['src']
            manifest.srcFile 'AndroidManifest.xml'

        }

        instrumentTest.setRoot('tests')
        instrumentTest.java.srcDirs = ['tests/src']
    }
}

という感じになりました。

なので、同じバージョンでビルドしようとしている人がいるなら、これで大丈夫かと思います。

4. 使い方

Volleryは基本シングルトンで使います。

これはAndroid working with Volley Libraryにすべて書いてあります。

そして自分のコードはすべてこれのコピペになっています。

それで使えたので問題ないかと思います。

5. 終わりに

Volley、とっても使いやすいです。

わかりやすいので、ぜひ使って少しでもアプリリリースまでの時間を短くしてみてください!

GooglePlayStore

QiitaAPIを使ったアプリをリリースしましたので、良かったらダウンロードして使ってみてください!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
57