Android
iOS
AppStore
GooglePlay
LaunchKit

Googleに買収されオープンソース化されたLaunchKitをMacにインストールする。

LaunchKitとは?

https://launchkit.io/

AppStoreやGooglePlayStoreに掲載するスクリーンショットをいい感じに作ってくれるサービスが有名。
他には、アプリ用Webサイト作成、レビュー通知等の機能。

有料サービスだったが、Googleに買収されて、現在は新規登録はできない。
オープンソース化されて、Macにインストールできる。

1つの画像で(iPhone/iPad/Androidの様々なサイズの画像を出力してくれる)↓
3.5-inch (iPhone 4) - Screenshot 1.png
5.5-inch (iPhone 6+) - Screenshot 1.png
iPad Pro - Screenshot 1.png

Githubのドキュメント通り進める。

https://github.com/LaunchKit/LaunchKit

STEP1-コンパイラの確認

ターミナルで、

$ cc

と入力してみる。
↓こんなエラーが出れば大丈夫

clang: error: no input files

Not foundの場合は、Xcode developer toolsをインストールする。

STEP2-Vagrantをインストールする

VagrantはVirtualBoxの操作をいい感じにラップしてくれるツール

https://www.vagrantup.com/downloads.html

ダウンロードした.dmgをインストール。

STEP3-VirtualBoxをインストール

5.0系をインストールしてくれと書いてあるので、言う通りに5.0.26をインストール
https://www.virtualbox.org/wiki/Download_Old_Builds_5_0

STEP4-ansibleのインストール

書いてある通りにターミナルで実行していく。

$ sudo easy_install pip
$ pip install --upgrade setuptools --user python
$ sudo pip install ansible

※opensslのエラーがでるときのみ
sudo env LDFLAGS="$(brew --prefix openssl)/lib/libssl.a $(brew --prefix openssl)/lib/libcrypto.a" CFLAGS="-I$(brew --prefix openssl)/include" pip install ansible

ansibleを実行してみてインストールの確認。(ヘルプ表示されたらOK)

$ ansible

STEP5-LaunchKitをGitからクローン

$ cd [クローンしたいディレクトリ]
$ git clone https://github.com/LaunchKit/LaunchKit.git
$ cd LaunchKit

STEP6-LaunchKitの起動

起動

$ vagrant up --provision

初回実行時にubuntuのイメージをダウンロードしてくれる。(かなり長い)

ターミナルの処理が終わったら、

http://localhost:9100/

にブラウザでアクセス

スクリーンショット 2016-09-18 23.41.54.png