Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSでサーバー構築①

AWSでサーバー構築①

「サーバーってよく分からないけど、自分で立ち上げられたらかっこいいんじゃないか」
そんなモチベでAWSをさわり始めました。

今回はサーバーの知識があまりない人でも、とりあえず「サーバー構築ってこんな感じか〜」っていうのが体験できることを目的としています。

前提

サーバーは、「ネットワーク」と呼ばれる空間の中で動く

ということで、AWSで「サーバーそのもの」と「サーバーを動かすネットワーク」の2つを作っていきます。

server_system.png

1. サーバーを動かす「ネットワーク」の構築

まずはVPC(=ネットワーク)を作成

  1. ここからアカウントを作ってログイン (※私は英語版のサイトを使ってます)
  2. 検索窓から「VPC」と検索
  3. 左のメニューバーに[Your VPCs] → メイン画面の[VPCs]
    参考画像VPC_location.png
  4. 画面左上の[Create VPC]から以下2つのを設定 
    参考画像create_VPC.png

  ・ Name Tag(ネームタグ): VPC(ネットワークのこと)の名前。「VPCサンプル」とか適当に。
  ・ IPv4 CIDR block: VCPの場所の名前。いったん「10.0.0.0/16」と書いておけばOK

ちなみに、↑の「10.0.0.0/16」とかいうのは「IPアドレス」と呼ばれるモノの住所(今回なら作成したVIPの住所)のことです。
例えば、PCが「『10.0.0.0/16』って場所にあるネットワークの中にいるあのサーバーに接続して」っていう命令を出すときに使われます。

「サブネット」に分ける

VPCは「ネットワークという空間」です。

ネットワークには「パブリック」なものと、「プライベート」なものがあります。
パブリックなネットワークには、外からのどんな人とでもデータのやりとりができます。
逆に、プライベートなネットワークはそれができません。

VPCを1軒の家だとすると、その中に「リビング」と「自分の部屋」を作っていくイメージです。

パブリックサブネットの作成

  1. 左のメニューバーに「Subnets」というのがあるので、それをクリック
  2. 設定するのは以下3つ   

  ・ Name Tag(ネームタグ): サブネットの名前。「パブリックサブネット」とか適当に。
  ・ VPC: さっき作成したVPCを選択
  ・ IPv4 CIDR block(CIDR ブロック): サブネットの場所の名前。いったん「10.0.1.0/24」と書いておけばOK

この後作成するプライベートな方のサブネットの場所は「10.0.2.0/24」にするつもりなので、
1階にリビング、2階に自室を作る感じです。

(随時更新 2019/09/14)

参考文献

『さわって学ぶクラウドインフラ Amazon Web Service 基礎からのネットワーク&サーバー構築』 
 著者: 大澤文孝(他) 
 出版社: 日経BP社
 出版日: 2019/02/26

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away