Linux
grep

grepの基本的な使い方

grepとは

global regular expression printの略
ファイルの中の文字列を検索する。

基本コマンド

grep "検索文字列" ファイル名
grep "正規表現" ファイル名

拡張正規表現(ERE)を使うときは -E()オプションをつける

grep -E "正規表現" ファイル名

個人的によく使うオプション

-r ・・・ディレクトリを指定する場合。サブディレクトリも検索する。

grep -r "検索文字列" ディレクトリのパス

-i ・・・アルファベットの大文字小文字の違いを無視して検索。

grep -i "検索文字列" ファイル名

-v ・・・指定した文字列を除外してgrep

grep -v "除外したい文字列" ファイル名