Help us understand the problem. What is going on with this article?

WindowsのDELコマンドのエラーハンドリング

More than 1 year has passed since last update.

謎仕様

WindowsのDELコマンドはファイルを削除することができるが、
何かしらの理由により対象を削除できなかったときにエラーとなるのだが、
ERRORLEVELには値を設定してくれない。

https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/administration/windows-commands/del
オフィシャルにはそんなこと一言も書いていないけど。

なので、以下のようなエラーハンドリングをBATで作成したとしてもエラールートにはいかない。

rem オプション -Q : 削除前に確認メッセージを表示しない
call del /Q C:\temp\sample\*.dat
if %ERRORLEVEL% NEQ 0 goto ERR

goto END

:ERR
echo ファイル削除:Error > del_file.log
exit 2

:END
echo ファイル削除:OK > del_file.log
exit 0

ではどうするか?

案1

http://scripting.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/errorlevel_95dd.html

エラー時にERRORLEVELに値を設定してくれない代わりに標準エラーメッセージは出力してくれる
であれば、それを捕まえて判定する

ただ、FINDを行う都合上、ERRORLEVELにはDELでのエラー時は0,正常終了時は1となるので、そのあとの判定も逆転させておく必要がある。

rem オプション -Q : 削除前に確認メッセージを表示しない
call del /Q C:\temp\sample\*.dat 2>&1 | FIND /V ""
if exist C:\temp\assist\sample\*.dat goto ERR
if %ERRORLEVEL% NEQ 1 goto ERR

goto END

:ERR
echo ファイル削除:Error > del_file.log
exit 2

:END
echo ファイル削除:OK > del_file.log
exit 0

案2

https://teratail.com/questions/62445

何かしらのエラーで削除されていないのだからファイルの有無チェックでERRORLEVEL判定の代わりにする。

こんな感じになるかと
同じパスを二回ずつ書かないといけないのがなんだかダサいが、修正する箇所は一行で済む。

rem オプション -Q : 削除前に確認メッセージを表示しない
call del /Q C:\temp\sample\*.dat
if exist C:\temp\sample\*.dat goto ERR

goto END

:ERR
echo ファイル削除:Error > del_file.log
exit 2

:END
echo ファイル削除:OK > del_file.log
exit 0

結論

どっちでもいいとは思うので、好みの方法でやればいいんだと思う。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした