search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Lambdaでwebhookをとりあえず受け取れているかを確認するための関数を作ってみた

動機

先日M5STICKCを使ってLINE Beaconを試してみた際に、
Webhook先を今まで使ったことないGASにしてみたところ、
どこでハマってしまっているのかよくわからない状態になってしまった。

知らない機能同士をまとめてためしたのが原因なので、Webhook先は毎回固定にしておいた方がいいのかもしれない

作ってみたもの

ということで、作ってみたのが個人的にWebhook先として汎用的に使える環境。

環境は一番慣れ親しんだものとしてAWSのLambda(とAPI Gateway)とする。

Lambda関数の中身は以下で、POSTで受けてもGETで受けてもログに出力できるようにする。

import json

def lambda_handler(event, context):
    # 引数:eventの内容を表示
    print("Received event: " + json.dumps(event))
    # rawQueryString
    rawQueryString = event['rawQueryString']
    if(len(rawQueryString) != 0):
        queryStringParameters = event['queryStringParameters']
        print(queryStringParameters)

    # body
    body = event.get('body')
    if(not body is None):
        json_body = json.dumps(body)
        print(json_body)

    return {
        'isBase64Encoded': False,
        'statusCode': 200,
        'headers': {},
        'body': json.dumps('Hello from Lambda!')
    }
  • API Gatewayの作成については割愛。久々に作ってみたら前とかなり雰囲気が違っていてかなり戸惑った。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1