Help us understand the problem. What is going on with this article?

ターミナルのよく使うコマンド

現在のディレクトリのファイルを表示

$ ls

ディレクトリの移動

$ cd ディレクトリ名

現在置のパスを表示

$ pwd

ディレクトリを作成

$ mkdir ディレクトリ名

空のファイルを作成

$ touch ファイル名

ファイルのターミナルに表示

$ cat ファイル名

ファイルへのテキスト記載

$ echo "記載内容" > ファイル名

ファイルがまだがない場合はエラーが返される。また、「>」でファイルへの記載を行うと前に記載された内容はすべて消されて新しく記載された内容のみとなってしまう。
記載されている内容に追記する場合は「>>」を使う

$ echo "記載内容" >> ファイル名

ファイル・ディレクトリの削除

$ rm ファイル名

ディレクトリの削除も許可する場合は「-r」オプションをつける

$ rm -r ファイル名

ファイル名の変更

mv 変更するファイル名 変更したいファイル名

ファイルのコピー

cp コピーするファイル名 新しいファイル名

もしディレクトリをコピーする場合は
「-r」オプションをつける
`
cp -r コピーするファイル名 新しいファイル名

ファイルの移動

mv 移動したいファイル名 移動後のディレクトリ

viエディタの使い方

viエディタの開始

//開始
$ vi
//ファイルを指定して開始
$ vi ファイル名

コマンドモードと入力モード

コマンドモードでは文字入力ができない。入力モードのみで可能。
切り替えは・・

//カーソルの位置で入力モードに切り替え
i
//コマンドモードに切り替え
esc

編集の保存と終了

escでコマンドモードに切り替えて実行する

//保存
:w
//名前をつけて保存(新しくファイルをつくる)
:w ファイル名
//終了
:q
//保存して終了
:wq
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away