SSH
Terminal
xserver

エックスサーバーにssh接続する方法(ターミナル利用)

最近ターミナルにも慣れてきたのでssh接続を実行してみた。そのメモ。

0.環境

  • エックスサーバー
  • Mac OS Sierra

1.エックスサーバーでsshの設定

こちらを参考に公開鍵認証用の鍵ペアを作成。秘密鍵(サーバー名.key 以下sample.key)をダウンロード。
パスフレーズは忘れずメモを。

2.秘密鍵の設置

ダウンロードしたsample.keyを以下のコマンドで移動

#.sshディレクトリの作成
$ mkdir ~/.ssh
#ファイルの移動
$ mv ~/Downloads/sample.key ~/.ssh/

3.秘密鍵のファイル名の変更

秘密鍵の名前を変更します。この時通常だとid_rsaとするのですが、
その他の秘密鍵もある場合は任意の名前を。今回はid_xserver_rsaで設定

#.sshに移動
$cd ~/.ssh/
#名前の変更
$mv sample.key id_xserver_rsa

4.パーミッションの変更

.sshディレクトリと秘密鍵のパーミッションを変更。

$ chmod 700 ~/.ssh
$ chmod 600 ~/.ssh/id_xserver_rsa

5.ログイン

以下コマンドでログインできます

$ ssh -l サーバーID -i 秘密鍵ファイル名(今回はid_xserver_rsa) サーバーID.xsrv.jp -p 10022

以下のようにパスフレーズを求められるのでエックスサーバーの公開鍵作成で使ったパスフレーズを入力しEnter。入力文字が表示されない場合が、そのまま入力してEnterで問題なし。

Enter passphrase for key 'id_sample_rsa': 

6.ログインの簡略化

いちいち上記の長いコマンド打つのが大変なので、.sshにconfigファイルを作りログインを簡略化する

#configの作成
$ mkdir ~/.ssh/config
#configをvimで開く(テキストエディタでも可)
$ vim ~/.ssh/config

以下のように記述

Host sample #任意のコマンド名
  HostName サーバーID.xsrv.jp
  Port 10022
  User サーバーID
  IdentityFile ~/.ssh/id_sample_rsa #秘密鍵のファイル名
  ServerAliveInterval 60 #sshの自動切断を防ぐために記述

これで以下コマンドでアクセスが可能

$ ssh sample

以上。

以下サイトを参考にしました。
エックスサーバーにSSHで接続してみよう!