48
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Google Play Services SDK のセットアップ(Android Studio)

MacBook AirにAndroid Studioを入れ、Google Play Services SDKをプロジェクトに組み込んだ時のお話。
Androidアプリの開発経験はない。

Android Studioのインストール

ここからダウンロードして、インストールするだけ。
http://developer.android.com/sdk/installing/studio.html

Mac版のAndroid StudioはJRE6がないと起動しない模様。
MacStoreがJRE6をインストールするか聞いてくるが、インストールしてはいけない。
何回インストールしても「インストールしますか?」と聞かれることになる。
JDKをインストールした時の話はこちら↓。
MacにJDKをインストール

Google Play Services SDKのセットアップ

新規プロジェクトを作成した状態。
基本的に公式ドキュメントに書いてある通り。
http://developer.android.com/google/play-services/setup.html

SDKのインストール

Android StudioからSDKマネージャーを開く。
sdk_manager.png ←ツールバーのこれ
もしくは Tools > Android > SDK Manager を選択。

1番下のExtrasを開き Google Play servicesGoogle Repository を選択する。
で Install Packages ボタンをポチリ。

extras_list.png

Google Repository はGradleのビルドでMavenのレポジトリを利用するために必要。
らしいが、MavenもGradleもよく知らん。

プロジェクトの設定

インストールしたSDKをプロジェクトで使えるようにする。
build.gradle ファイルに追記するわけだが、プロジェクト直下のファイルではなくモジュールごとのファイルを編集するので注意。

dependenciescompile 'com.google.android.gms:play-services:+' を追記する。
こんな感じになる。

build.gradle
apply plugin: 'android'
  :
dependencies {
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:+'
    compile 'com.google.android.gms:play-services:+'
}

編集・保存したらツールバーにある Sync Project with Gradle Files sync_gradle.png をポチリ。

最後に AndroidManifest.xml<application> 要素以下に <meta-data> を追記する。

AndroidManifest.xml
<meta-data android:name="com.google.android.gms.version" android:value="@integer/google_play_services_version" />

これでSDKを使えるようになっているはず。
まだ使っていないが、起動はした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
48
Help us understand the problem. What are the problem?