Help us understand the problem. What is going on with this article?

PhpStormのTask機能を使ってみよう

More than 3 years have passed since last update.

PhpStorm、Task機能の基本的な利用方法です。

まだ情報の少ない機能ですが、
この機能を使い始めてからPhpStormでの作業がよりスムーズになったので共有したいと思います。

環境

Windows7
PhpStorm 2016.3.2

この記事のゴール

以下のような内容を記載しています。

  • Taskの作成、切り替えができる
  • gitのブランチとTaskを連動させることができる
  • GitHubのIssueからTaskを作成できる

Task機能とは

PhpStorm内でのアクティビティ(作業活動)を管理する機能です。
作業ごとにTaskを作成しておけば、作業をスムーズに切り替えながらコーディングを進めることができます。

Taskごとに以下のような情報が関連付けられます。

  • gitブランチ
  • Changelist
  • 開いているファイル

Taskを作成してみる

ウィンドウの右上にあるTask一覧から「+ Open Task...」を選択。
(もしくはショートカットCtrl + Alt + Tでタスク一覧を表示)
image

検索フォームに新規作成したいTask名を入力して、「Create New Task」を選択します。
image

OKを押せばタスクができあがります。
image

Task一覧が「MyTask」に切り替わっているのを確認。
リストから選んで、Taskを切り替えたり削除したりすることができます。
image

gitのブランチと連動させる

プロジェクトがgitリポジトリで管理されている場合は、Task作成時のダイアログが下記のようになります。
(git以外のVCSでも同じだと思います)
image

Taskを切り替えるとブランチも切り替わるようになります。
imageimage

ChangelistもTaskごとに作成されるので、どのタスクで行った変更かも把握しやすくなります。
image

GitHubのIssueからTaskを作成する

Settings > Tools > tasks > Serversで、様々なチケット管理システムを連携することができます。
image

連携した状態でTaskを開くと、以下のようにチケット一覧が表示されるので、すぐに新しいブランチで作業を開始できます。
image
  ↓
image

参考

Managing Tasks and Context
https://www.jetbrains.com/help/phpstorm/2016.3/managing-tasks-and-context.html

ryo-endo
スクラムマスター ソフトウェアエンジニア EC-CUBEの開発をやっています
https://github.com/ryo-endo
ec-cube
日本No.1ECオープンソースのEC-CUBEのコミッターやユーザーのコミュニティです。
http://www.ec-cube.net
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした