Edited at

Ubuntu 18.04 LTS に phpenvをインストールしphpのバージョンを切り替える

Ubuntu 18.04 LTS にphpenvをインストール、phpバージョンを切り替えるまでの手順です。


利用したクラウドサービス

Google Compute Engine

構成:4コア/16GB

ブートディスク:Ubuntu 18.04 LTS(amd64 bionic image built on 2019-05-30)


パッケージの更新

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get -y upgrade


phpenvのインストール

公式のインストーラーを利用する。Readmeの手順に従いインストールする。

https://github.com/phpenv/phpenv-installer

$ curl -L https://raw.githubusercontent.com/phpenv/phpenv-installer/master/bin/phpenv-installer \

| bash

インストール後のメッセージに従い.bash_profileに設定を追加する。

WARNING

| # Seems you still have not added 'phpenv' to the load path.
|
| # Load phpenv automatically by adding
| # the following to ~/.bash_profile:
export PHPENV_ROOT="/home/your_user_name/.phpenv"
if [ -d "${PHPENV_ROOT}" ]; then
export PATH="${PHPENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(phpenv init -)"
fi

$ vi ~/.bash_profile

$ source ~/.bash_profile # profileの再読込

バージョンを表示して利用できることを確認

$ phpenv -v


phpのビルドに必要なライブラリ等のインストール

sudo apt -y install build-essential

sudo apt -y install libxml2-dev libssl-dev libbz2-dev libcurl4-openssl-dev libjpeg-dev libpng-dev libmcrypt-dev libreadline-dev libtidy-dev libxslt-dev autoconf


phpのバージョン切り替え

installコマンドでビルドが始まる。完了するまで5-10分ほど。

$ export PHP_BUILD_EXTRA_MAKE_ARGUMENTS=-j4  # php-buildによるビルドを複数スレッド使って高速化する

$ phpenv install 7.2.19

ビルドが完了したらphpのバージョンを切り替えて完了。

$ phpenv global 7.2.19

$ php -v
PHP 7.2.19 (cli) (built: Jun 12 2019 13:51:06) ( NTS )