Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

railsチュートリアル3章 間違ってrails gとかしたときに元に戻す方法

More than 1 year has passed since last update.

コラム 3.1. 元に戻す方法
どれほど十分に気を付けていたとしても、Railsアプリケーションの開発中に何か失敗してしまうことはありえます。ありがたいことに、Railsにはそのような失敗をカバーする機能がいくつもあります。

一般的なシナリオの1つは、生成したコードを元に戻したい場合です。例えばコントローラを生成した後で、もっといいコントローラ名を思い付き、生成したコードを削除したくなった場合などです。リスト 3.6のように、Railsはコントローラ以外にも関連ファイルを大量に生成するので、生成されたコントローラファイルを削除するだけでは元に戻りません。自動生成されたコードを元に戻すためには、新規作成されたファイルを削除するだけではなく、既存のファイルに挿入されたコードも削除する必要があります (実際、2.2や2.3でも説明したように、rails generateを実行するとルーティングのroutes.rbファイルも自動的に変更されるので、これも元に戻さなくてはなりません)。このようなときは、「generate」という言葉に因んで、rails destroyというコマンドを実行することで元に戻すことができます。例えば次の2つのコマンドは、自動生成と、それに対応する取り消し処理の例です。

$ rails generate controller StaticPages home help
$ rails destroy controller StaticPages home help
なお第6章でも、次のようにモデルを自動生成する方法を紹介します。

$ rails generate model User name:string email:string
モデルの自動生成についても、同様の方法で元に戻すことができます。

$ rails destroy model User
(上のコマンドからわかるように、モデル名以外の引数は不要です。その理由については第6章で説明します)。

また、第2章でも簡単に紹介しましたが、マイグレーションの変更を元に戻す方法も用意されています。詳細は第6章で説明しますが、簡単に紹介すると、まずdb:migrateでデータベースのマイグレーションを変更します。

$ rails db:migrate
元に戻したいときは、db:rollbackで1つ前の状態に戻します。

$ rails db:rollback
最初の状態に戻したいときは、VERSION=0オプションを使います。

$ rails db:migrate VERSION=0
既にお気付きの方もいると思いますが、マイグレーションは逐次的に実行され、それぞれのマイグレーションに対してバージョン番号が付与されます。したがって、上記の0を別の数字に置き換えることによって、指定したバージョンの状態に戻すことができます。

開発中に袋小路に迷い込んでしまった場合でも、これらの機能を使えば元の状態を復元できます。

run_way
データベースエンジニアになりました。 これからはこちらで情報収集発信をしていければと思います。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away