Help us understand the problem. What is going on with this article?

WindowsUpdateが勝手に実行されないようにする

:information_source: この記事は別サイトで執筆したWindowsUpdateを勝手に実行されないようにする – ひつじぶどうの内容を加筆・修正した上で転載しています。

はじめに

こんにちは‪✋(´・ᴗ・` )‬
WindowsUpdateは定期的に実行すべきものではありますが,

  • Windowsを再起動したいけど「再起動」ボタンが「更新して再起動」になっており, 仕事の区切り等から今更新プログラムのインストールはしないでほしいので再起動できない
  • 勝手にWindowsUpdateがダウンロードされてWindowsの動作が重くなる

等々, WindowsUpdateは都合の悪いタイミングで再起動を要求してくるものです。
この記事ではその問題の回避方法を説明します。
が, くれぐれもWindowsUpdateはお風呂に入っている間とか, PCを使わない時に必ず実施するようにはしてください。

前提条件

  • Windows 10 Pro/Enterprise/Education エディションであること
  • 管理者権限を持っていること
  • この設定を入れてもWindowsUpdateを手動で実行すること

実行環境

項目
OS Windows 10 Pro
Build 1809

手順

以下の手順を実施します。

「シャットダウン」のメニューを「更新して◯◯」にさせないようにする

① スタートメニューに”gpedit.msc”と入力して実行する
スクリーンショット 2019-04-14 19.28.25.png

② "コンピューターの構成/管理用テンプレート/Windowsコンポーネント/WindowsUpdate"を展開する
スクリーンショット 2019-04-14 19.31.08.png

③ [Windows シャットダウン]ダイアログボックスの既定のオプションを[更新をインストールしてシャットダウン]に調整しないを開き, 「有効」に設定する
スクリーンショット 2019-04-14 19.32.13.png

WindowsUpdateのダウンロード・インストールのタイミングを変更する

① 上記の①, ②の手順を未実施であれば実施する。
② 「自動更新を構成する」を開き, 「有効」に設定した上で, 「自動更新の構成」から好きなタイミングを選択する(設定項目はWindows 7までで設定できていた内容と同じです)
スクリーンショット 2019-04-14 19.35.07.png

rumrais1n
Web系企業のコーポレートエンジニア Webデザイナーの夢を見ている💭 属性: WindowsServer / Windows / CentOS / Ubuntu / macOS / PowerShell / XenDesktop / ESXi / Java / Illustrator / Photoshop / HTML5 / CSS3
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした