Edited at

Raspberry Pi 3 Model B+にRaspbianをモニタ・キーボードなしでインストールする


用意するもの

・PC(今回はWindows10で作業します。)

・Raspberry Pi 3 Model B+

・MicroSDカード


インストール手順

1.Raspbianを公式サイトよりダウンロード

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

今回はデスクトップ環境は必要ないため、こちらのRaspbian Stretch Liteをダウンロードします。

ただし、ここからのダウンロードはすごく時間がかかることがあるので、その場合は日本にあるミラーサイトからのダウンロードをお勧めします。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

2.Etcherのダウンロード

OSイメージをSDカードに書き込むためのフリーソフトです。

https://www.balena.io/etcher/

Portable版を選択すればexeをダウンロードするだけで使用できます。

3.SDカードをパソコンに接続します。

4.Etcherを起動しダウンロードしたOSイメージをSDカードに書き込む。

Etcherを起動し

ダウンロードしたOSを選択する。

SDカードを選択し書き込み開始。

書き込み中

この画面が出れば完了です。SDカードが自動でパソコンから非接続の状態になります。

5.SDカードをパソコンに差し直す。

6.エクスプローラでSDカードを開き、sshという名前の空ファイルをSDカードの直下に作成する。

7.Raspberryを起動する。

SDカードをパソコンから抜き、Raspberryに挿します。

その後、Raspberryを起動します。

8.SSH接続を行う。

コマンドプロンプトやPowerShellを使ってSSH接続を行います。

 ssh pi@raspberrypi.local

 パスワード:raspberry

もしraspberrypi.localでホスト名が解決できない場合はIPアドレスを調べる必要があります。

Androidをお持ちの方はFingというスマホアプリを使えば簡単に調べることができます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.overlook.android.fing&hl=ja