Windows
WiFi
Windows10
SoftAP

Windows10でスマホアプリのパケットキャプチャでハマった記録

More than 1 year has passed since last update.

Windows10とSoftAP

Windows 7以降のWindowsには、「SoftAP」というPCを無線LANアクセスポイントとしてセットアップする機能があります。こいつを使ってPCでスマホのインターネット接続をブリッジして、あとは例の如くWiresharkでキャプチャする予定でした。

SoftApの設定はコマンドプロンプトから行うのですが、何度やっても

ホストされたネットワークを開始できませんでした。
グループまたはリソースは要求した操作の実行に適切な状態ではありません。

が出てアクセスポイントを起動できないんですね。

と、ググってたら、
netsh wlan show drivers
で、使用しているPCのワイヤレスアダプタがSoftAPに対応しているか確認できることでしたので、打ち込んでみると
ホストされたネットワークのサポート: いいえ
と「このPCじゃアクセスポイントは起動できない」通告です。こりゃどうしようもない…

モバイルホットスポット

ワイヤレスアダプタのメーカーのページに情報がありました。
Why Hosted and Ad-Hoc Networks are Not Working on Windows® 10
どうやらWindows 10 Anniversary Update以降ではドライバの方式が変わり、従来のSoftAPは廃止していく方向みたいです。んで、代わりに新機能の「Mobile Hotspot」を使えとのこと。

モバイル化を推し進めるMicrosoftが、この辺の機能をスマホのテザリング的な仕様に近付けていってる感じですね。
コンパネではなくUAPの「設定」アプリから「ネットワークとインターネット」 > 「モバイル ホットスポット」からワンスイッチで起動できます。これをやると専用の仮想ネットワークアダプタが追加されます。Wiresharkではこいつをキャプチャします。(当方環境では「ローカル エリア接続* 6」)

あと、忘れずにモバイルホットスポットに使用するアダプタの共有設定を許可しておく必要があります。
同画面から「アダプターのオプションを変更する」を開き、該当のワイヤレスアダプタのプロパティから「共有」タブで「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可」しておくこと。