Edited at

Windows10 64bit で未署名ドライバのインストールに必要な手順

More than 1 year has passed since last update.

AndroidのデバッグやROMいじりなどで必要だったので、手順をまとめておきます。Surfaceでの作業例(デバッグ専用機とすることを想定)を挙げますが、適宜お持ちのPC環境で読み替えてください。これを知っていれば、ドライバのためだけにWindows7をわざわざ準備する必要はありません。


1. BitLockerの暗号化を解除(推奨)


  • BitLockerの暗号化がされている場合は、手順4の起動の際に「暗号化キー」を入力するよう言われます。暗号化を解除するか、暗号化キーを控えます。

  • BitLockerの管理画面へのアクセスは、以下の通り。

コントロール パネル\システムとセキュリティ\BitLocker ドライブ暗号化


2. UEFIのセキュアブートを無効にする(使っているマシンによって手順が異なります)


  • MBR形式でOSインストールした場合はセキュアブートは最初から無効になっています。この項目を無視してください。

  • OSをテストモードにするために必要です。

  • マシンによっては、CSMやFast Bootの設定も確認が必要です。


Surfaceの場合の手順


  1. Surface をシャットダウンします。

  2. Surface の音量を上げるボタンを長押しして、同時に、電源ボタンを押して離します。

  3. Surface のロゴが表示されたら、音量を上げるボタンを離します。

  4. UEFI メニューが表示されます。

  5. Secure Boot Control を [Disable] に設定します。

  6. ブート画面の背景が赤くなります。


3. テストモードに移行する


  1. コマンドプロンプト(cmd.exe)を管理者権限で起動します。

  2. 次のコマンドを入力

bcdedit /set TESTSIGNING ON

※ 元に戻す場合は、上記コマンドをOFFとします。


4. 「ドライバー署名の強制」を無効化する


  1. [スタートメニュー]-[設定(ギアマーク)]をクリックします。

  2. [更新とセキュリティ]を選択します。

  3. [回復]タブを選択します。

  4. [オプションの選択]画面で、[トラブルシューティング]を選択します。

  5. [トラブルシューティング]画面で、[詳細オプション]を選択します。

  6. [詳細オプション]画面で、[スタートアップ設定]を選択します。

  7. [再起動]をクリックします。

  8. BitLockerが有効な場合、ここで暗号化キーの入力が求められます。

  9. PC再起動後に[スタートアップ設定]画面が出現するので、[7]キーを押し、「7)ドライバ署名の強制を無効にする」を適用させた状態で起動します。


5. スマートスクリーンの無効化


  1. 「コントロールパネル」を起動します。

  2. [システムとセキュリティ]-[セキュリティとメンテナンス]を開きます。

  3. 左ペインの「Windows SmartScreenの変更」をクリックします。

  4. 「何もしない(Windows SmartScreenを無効にする)」を選択し、「OK」をクリックします。


6. 未署名ドライバのインストール


  • インストーラーの指示に従えばインストールできるようになっています。

  • インストールの途中でWindowsのセキュリティ警告の画面が出ますが、設定が正しければ「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択可能な状態になっています。


注意点


  • これらの設定は、便利な反面脆弱性となり得ますので、用が済んだら元に戻しておきましょう。

  • インストール後にSmartScreenを有効にしてもドライバは動作します。それ以外を戻すと動かなくなる場合があります。


設定を元に戻したいとき

逆の手順で戻してください。