Gitの備忘録を記載していく。

マージ
# マージ
git merge --no-ff --no-commit マージ元のブランチ名

# コミット
git commit -m "コメント"

# プッシュ
git push origin ブランチ名
特定のコミットを指定してマージ
git cherry-pick コミットID
git push origin ブランチ名
競合が発生した場合
# マージ元のブランチを最新とする
git checkout --theirs ファイル名(フルパス)
git add ファイル名(フルパス)

# 現在のブランチを最新とする
git checkout --ours ファイル名(フルパス)
git add ファイル名(フルパス)

# ファイルを削除する
git rm ファイル名(フルパス)
初期化
# 最新の状態に戻す
git reset --hard

# 未コミットの新規追加ファイルを削除
git clean -f
ブランチ作成
# リモートブランチをローカルにチェックアウト
git checkout -b 作成ブランチ名 リモートブランチ名

# 現在のブランチから派生ブランチを作成
git branch 作成ブランチ名
git push origin ブランチ名
Git環境設定
# 長いパスを許容する
git config --global core.longpaths true

# パスワードを記憶
git config --global credential.helper store

# ユーザ情報の設定
git config --global user.name "名前" 
git config --global user.email Eメールアドレス

# コミット時の改行コードの自動変換を無効化
git config --global core.autocrlf false

# diffツールにWinMergeを設定 → git windiffコマンドで差分の比較ができるようになる
git config --global diff.tool WinMerge
git config --global difftool.WinMerge.path WinMergeU.exeのフルパス
git config --global difftool.WinMerge.cmd "\"WinMergeU.exeのフルパス\" -f \"*.*\" -e -u -r \"\$LOCAL\" \"\$REMOTE\""
git config --global alias.windiff "difftool -y -d -t WinMerge"

# mergeツールにWinMergeを設定 → コンフリクト時のgit winmergeコマンドで競合の確認、修正ができるようになる
git config --global merge.tool WinMerge
git config --global mergetool.WinMerge.path WinMergeU.exeのフルパス
git config --global mergetool.WinMerge.cmd "\"WinMergeU.exeのフルパス\" -e -u \"\$LOCAL\" \"\$REMOTE\" \"\$MERGED\""
git config --global alias.winmerge "mergetool -y -t WinMerge"
git config --global mergetool.keepbackup false
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.