search
LoginSignup
7
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Windows7がサポート終了したのでCloudReady(ChromeOS, ChromiumOS)を入れて再利用する

はじめに

結論から言うと、Windowsでネットサーフィンしかしない人にはCloudReadyおススメ

タイトル通りだけど、Windows7のサポートが終了したため、仕方なくWindows10へ買い替え検討していた。その際、ChromeOS搭載機が安いことに気付いたことが記事を書くきっかけ。どうもChromeOSが軽量なため、マシンスペックが低め=相対的に安価らしい。

wikipedia - Google_Chrome_OSによると、ChromeOSはGoogleの製造パートナーがプリインストールする場合しか使用できないらしく、ChromeOSのオープンソース版でChromium OSというものがある、とのこと。また、ChromeOSはウェブの閲覧とウェブアプリケーションの動作に適したOSで、Googleアカウントでログインして利用するようなので、Google Chrome(ブラウザ)のみが使えるOSだと思えばよさそう。

そもそもWindows7端末はネット閲覧にしか使っておらず、ChromiumOSで十分なのでは?という結論に至ったので、Windows7端末をChromiumOS化することにした。

OS入れ替えの対象マシン

2010~12年頃のlaptop。主要スペックは下記

  • 製品名: DELL INSPIRON N5010 (Type:P10F001)
  • CPU: Intel Celeron P6100 2.00GHz
  • メモリ: 4GB
  • HDD: HDD 320GB

Chromium OSの種類

いくつかあるが、CloudReadyがよさげ。

  1. Chromium OS(要ビルド)
    公式サイトを見ると、ソースコードの配布はあるが、バイナリの配布はなさそう。つまり、自分でビルドして使えってことらしいので手間がかかりそう(どうせハマるだろうし…)。
  2. Chromium OS Custom Build
    Chromium OSをビルドして配布している人がいたようですが、2017年に配布終了済とのこと。

    同氏のコメントによると、今後はCloudReadyがおすすめとのこと。
    http://chromiumosde.gozaru.jp/20170826.html#chromium-os

  3. CloudReady
    Chromium OSをベースにNeverware社が開発。Home Editionは無償提供されている。

CloudReadyについて

Home Editionのダウンロード先は以下。同ページにHow to install CloudReadyの項目もある。
https://www.neverware.com/freedownload

インストール時に準備するものは以下。

  • 8GB以上のUSBメモリを準備
    Live USB(CloudReadyのUSBブート用)作成に使用。
  • Windows7以上のマシン
    MacやChromeOSでもよいらしいが、WindowsでのLiveUSB作成が推奨されている。
  • ネットワークの疎通確認
    下記リンクでチェックがつけばOK
    https://guide.neverware.com/critical-requirements/#check-network
  • 認証済モデルリストの確認
    インストール対象マシンがあれば話が早い。ラッキーなことにDELL INSPIRON N5010はリストに含まれており、Volume & Brightness Control以外は正常動作している様子(下記注釈がついており、実質的には問題なさそう)。

    Use of F6/F7 to adjust brightness may not work as expected. Screen brightness can instead be adjusted using the default brightness shortcuts printed on the keyboard.

    対象マシンがリストになくても、単に確認済か否かを表してるだけなので、LiveUSBでブートを試みるとよい、とのこと(公式ページにそうかいてある)。

Live USBの作成手順

LiveUSBは
以下からLive USB作成用ツールをダウンロードする。
https://usb-maker-downloads.neverware.com/stable/cloudready-free/cloudready-usb-maker.exe

ダウンロード後、PCにUSBを刺してから、cloudready-usb-maker.exeを起動する。以下、起動後の操作。

まずは「Done with your USB installer? Format it here.」(左下のリンクみたいなところ)をクリックし、USBをフォーマットする。8GB or 16GB USBと記載されているが、自分は64GBのUSBメモリで問題なく実施できた
image.png

右下の「Next」を押下。
image.png

対象のデバイスを選択し、右下の「Next」を押下。
image.png

右下の「Finish」を押下。押下するとツールが終了する。
image.png

再度、cloudready-usb-maker.exeを起動し、今度は右下の「Next」を押下。
image.png

64-bitを選択して、右下の「Next」を押下。
※インストール先のマシンに合わせて選択すればよいと思うが32bitは未試行
image.png

右下の「Next」を押下。
image.png

対象のデバイスを選択し、右下の「Next」を押下。
image.png

しばらく待つ(ウィザードの最初のメッセージによると約20分)。
image.png

右下の「Finish」を押下。
image.png

LiveUSBで起動

  1. laptopにUSBを刺して電源ON
  2. F12連打(Boot先選択のため)
  3. USB bootを選択して起動する。
    しばらくするとCloudReadyが立ち上がる。
    IMG_20200114_235247.jpg
    左下の「English」ボタンを押下すると、言語・キーボード設定ができる。

  4. 言語とキーボードを選択
    言語に日本語を選択。言語選択後、キーボード設定も日本語が選択できるようになる。
    IMG_20200114_235331.jpg
    設定後、右下「OK」ボタンを押下して、前の画面に戻る。

  5. Wifi接続
    写真を撮り忘れた…。利用できるWifiを選択し、WEPキーなどを入力。
    接続できれば、次の画面に遷移する。

  6. 匿名データ収集
    右下のContinue押下
    IMG_20200114_235517.jpg

  7. Googleアカウント(E-mailアドレス)を入力
    IMG_20200114_235806.jpg

  8. Googleアカウントのパスワードを入力
    IMG_20200114_235930.jpg

  9. デスクトップが表示される
    表示されるウィンドウは右上×ボタンで閉じてOK。
    IMG_20200115_000123.jpg

    GET STARTED(ウィンドウ左下の青いボタン)を押下すると、ブラウザが起動してEdition選択の案内ページが表示される。同ページのFree欄のINSTALL NOWボタンを押下すると、LiveUSBをダウンロードしたページに飛ばされたので、他Editionを選んだ場合も案内ページに誘導されるのかも。
    IMG_20200115_000224.jpg

ここで色々触ってみて問題なさそうなら、実際のインストール作業を行う。

インストールする

  1. デスクトップ右下をクリック。表示されたメニューから「Install OS」を選択
    IMG_20200115_000745.jpg

  2. インストールしてよいか聞かれるため「INSTALL CLOUDREADY」を押下
    IMG_20200115_000804.jpg

  3. ハードディスクを消してインストールしてよいか聞かれるので、「ERASE HARD DRIVE & INSTALL CLOUDREDY」を押下
    IMG_20200115_000819.jpg
    さようならWindows…

  4. しばらく待たされる(メッセージには約20分とかいてある)
    IMG_20200115_001024.jpg

インストール後、電源が自動OFFになる。
USBを抜いて電源ONし「LiveUSBで起動」の手順4以降と同じ作業を実施。

さいごに

使ってみた印象としては、ファイル(≒エクスプローラ)とブラウザ(≒Google Chrome)が入っているだけの、ミニマム構成OSって感じ。使い心地は悪くない。普段からChromeを使っている人なら、まったく気にならないと思う。

ちょこっと触って気になる点(不満という意味じゃなく、興味が沸いているという意味で!)

  • 設定(デスクトップ右下のメニューにある)の「Androidとの連携」
    データ連携とかできるんかしら…。期待高まる。

  • Terminalの利用
    左下の〇マークを押下 → 検索フォームに「Terminal」と入力 → Linuxインストール(β版)と出てきた。
    ChromiumOSがLinuxベースのようなので、もしやシェルが扱えるんかな??

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
7
Help us understand the problem. What are the problem?