Edited at

【GoogleAppsScript】ES6を使ったGoogle Apps Scriptの開発

More than 1 year has passed since last update.


記事を書こうと思った理由


  • ある日、GASでの開発をしていたとき、


    • 自分「レビューお願いします。」

    • 上司「ES6のほうがわかりやすいから、そっちで書いてみようぜ」

    • 自分「え、GASって、ES6対応しているのかな...? 」



  • こうして、少しググってみて、あまり情報源がないことを知ったため、記事にまとめようと思いました。 


準備するもの


  • npmでライブラリをインストールできる環境。


    • node.jsは、ndenvでインストールするのがおすすめです。



  • GASファイル。


今回使うプログラムの例


  • 簡単に、セルの背景の色を変更するGASファイルを作っていこうと思っています。

  • 毎日、決められた色の中で、ランダムにセルの背景の色を変えるGASファイルです。


ChangeColor.js

class ChangeColor{

constructor(color){
this.parent_sheet = SpreadsheetApp.openById(親シートのID);
this.source_sheet = this.parent_sheet.getSheetByName(子シートの名前);
this.color = color;
}

changeBackgroundColor(){
let range = this.source_sheet.getRange("A1:A3");
range.setBackgroundColor(this.color);
}
}

// GASファイルのトリガーにセットする関数です。
function trigger(){
let color_array = ['red', 'blue', 'green'];
let random_number = [Math.floor(Math.random()*color_array.length)];
let trigger = new ChangeColor(color_array[random_number]);
trigger.changeBackgroundColor();
}


JSでクラスがかけるようになったのは、本当に魅力的で、感動です...!

しかし! 案の定、GASファイルは、ES6に対応せず、上の書き方だと、エラーを起こしてしまいます...。

そこで、上のファイルをクラスを用いた方法で書かれていないJSに変換する必要があります。

今から、それを書いていきます。


ファイル変換環境準備

npmの必要なライブラリのインストール

ローカルに作業ディレクトリを作成し、そのなかで、下のコマンドを入力し、必要なライブラリをインストールしてください。

npm install --save-dev babel-cli babel-preset-latest browserify babelify gasify

次に、.babelrcという設定ファイルに下の1行を入れます。

echo '{ "presets": ["latest"] }' > .babelrc

これで、環境の準備は整いました。


ES6からGASファイルに変換

そして、ファイルを変更。ここを一番に気をつけて欲しく、クラスとトリガーにセットする関数で、ファイルを分けていただきたいです。


ChangeColor.js

export class ChangeColor{

constructor(color){
this.parent_sheet = SpreadsheetApp.openById(親シートのID);
this.source_sheet = this.parent_sheet.getSheetByName(子シートの名前);
this.color = color;
}

changeBackgroundColor(){
let range = this.source_sheet.getRange("A1:A3");
range.setBackgroundColor(this.color);
}
}



trigger.js

// fromのあとには、ChangeColorファイルのパスを書いてください

import {ChangeColor} from './ChangeColor';

global.trigger = function() {
let color_array = ['red', 'blue', 'green'];
let random_number = [Math.floor(Math.random()*color_array.length)];
let trigger = new ChangeColor(color_array[random_number]);
trigger.changeBackgroundColor();
};


最後に、下のコマンドで、上のChangeColor.jsを変換。

browserify -t babelify -p gasify trigger.jsのパス -o 変換後のコードを書き込むファイルへのパス


変換後


trigger.js

var global = this;function trigger() {

}(function e(t,n,r){function s(o,u){if(!n[o]){if(!t[o]){var a=typeof require=="function"&&require;if(!u&&a)return a(o,!0);if(i)return i(o,!0);var f=new Error("Cannot find module '"+o+"'");throw f.code="MODULE_NOT_FOUND",f}var l=n[o]={exports:{}};t[o][0].call(l.exports,function(e){var n=t[o][1][e];return s(n?n:e)},l,l.exports,e,t,n,r)}return n[o].exports}var i=typeof require=="function"&&require;for(var o=0;o<r.length;o++)s(r[o]);return s})({1:[function(require,module,exports){
'use strict';

Object.defineProperty(exports, "__esModule", {
value: true
});

var _createClass = function () { function defineProperties(target, props) { for (var i = 0; i < props.length; i++) { var descriptor = props[i]; descriptor.enumerable = descriptor.enumerable || false; descriptor.configurable = true; if ("value" in descriptor) descriptor.writable = true; Object.defineProperty(target, descriptor.key, descriptor); } } return function (Constructor, protoProps, staticProps) { if (protoProps) defineProperties(Constructor.prototype, protoProps); if (staticProps) defineProperties(Constructor, staticProps); return Constructor; }; }();

function _classCallCheck(instance, Constructor) { if (!(instance instanceof Constructor)) { throw new TypeError("Cannot call a class as a function"); } }

var ChangeColor = exports.ChangeColor = function () {
function ChangeColor(color) {
_classCallCheck(this, ChangeColor);

this.parent_sheet = SpreadsheetApp.openById(親シートのID);
this.source_sheet = this.parent_sheet.getSheetByName('src');
this.color = color;
}

_createClass(ChangeColor, [{
key: 'changeBackgroundColor',
value: function changeBackgroundColor() {
var range = this.source_sheet.getRange("A1:A3");
range.setBackgroundColor(this.color);
}
}]);

return ChangeColor;
}();

},{}],2:[function(require,module,exports){
(function (global){
'use strict';

var _ChangeColor = require('./ChangeColor');

global.trigger = function () {
var color_array = ['red', 'blue', 'green'];
var random_number = [Math.floor(Math.random() * color_array.length)];
var trigger = new _ChangeColor.ChangeColor(color_array[random_number]);
trigger.changeBackgroundColor();
};

}).call(this,typeof global !== "undefined" ? global : typeof self !== "undefined" ? self : typeof window !== "undefined" ? window : {})
},{"./ChangeColor":1}]},{},[2]);


これで、es6で書いたファイルでも、GASで読み込んでくれるファイルの完成です!上の変換後のファイルをGASファイルにペーストし、trigger関数を動かせば、セルの色は、変化していきます!

スクリーンショット 2017-05-03 15.23.27.pngスクリーンショット 2017-05-03 15.29.45.png

スクリーンショット 2017-05-03 15.33.41.png

HAPPY GAS LIFE!!!!!!!