Ruby
初心者
Progate

34日目 Rubyのメソッドの使い方

三日坊主にならないように・・・!

今日はProgateでRubyのメソッドの使い方を学びました。


Ruby Ⅰ 復習

変数、if文、条件式

ほとんど手間取らなくなったけど、何個かひっかかった(12分)


Ruby Ⅱ 復習

配列、each、if

ちょっと手間取って(18分)


Ruby Ⅲ メソッドの使い方


def-endで囲む

def aaa

puts "aaa"
end

で囲むとその間にかいたプログラムを呼び出せる


def aaa(name)で引数を渡せる

def aaa(name)

puts "#{name}"
end

aaa("test")


def aaa(name,price)で複数の引数を渡せる


returnで戻り値を使う

def sum(a,b)

return a + b
end
aaa = sum(1,2)
puts aaa


defに条件をつける

こういう使い方でできるって面白い。

def aaa?(num)

return num >= 1000
end

if aaa?(3000)
puts "1000 over"
else
puts "1000 under"
end


defの中で条件を使う

returnにかかると以降の処理が行われない。

defの中でifを作って、ifにかかる場合とかからない場合で処理を分ける

好みもありそうだけど、こっちの方が読みやすいかも?

def aaa(num)

if num >= 1000
return price
end

return num + 500
end


キーワード引数

プログラムのどこに何の引数を渡すかわかりやすくできる。

def buy(item:, price:, count:)

puts "#{item}を#{count}台のお買い上げです"
puts "合計金額は#{price * count}円です"
end
# キーワード引数を使うように書き換えてください

buy(item:"テレビ", price:15000, count:2)

puts aaa(5000)


完成!

(所要時間45分)