Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsで1枚のscssに共通で参照する変数を宣言し、複数のscssから参照する方法

More than 1 year has passed since last update.

Rails 5で試しました。RailsのAsset Pipelineの仕組みに乗っかって、1枚のscssファイルに変数宣言して、それを複数のscssから参照しようとしたら、ちょっとハマってしまったのでメモ書き。

  • app/assets/stylesheets/application.scssを作る
  • これはAsset Pipelineのデフォルトの設定で自動でロードされるはず

ここに、このようにロードしたいscssファイルを書く。

app/assets/stylesheets/application.scss
@import "./core";
@import "./user";
@import "./blog";

./のように相対パスで始めないと
"File to import not found or unreadable"
とかエラーになるので注意。

また後のimportで前のimportのスタイルをマージするので、その辺も考慮してファイル分割して、適切な順番でimportする必要がある。

次に変数の宣言をするファイルを作る。

variables.scss
$error_color: #ff0000;
$separator_color: #efefef;

これを各種scssファイルでimportする。

@import "./variables";

.error {
  color: $error_color;
}

.bordered-block {
  display: block;
  border: 1px solid $separator_color;
}

以下のようにimportしても変数は参照できない。

@import "./variables";
@import "./core";
@import "./user";
@import "./blog";

勘違いしがちなのは、core.scss -> user.scss -> blog.scssで、スタイルをマージできるので、後でimportしたscssは、前にimportされたscssの内容を参照できているように思ってしまうことだ。

roba4coding
プログラマ&ディベロッパー&ハッカー。エンジニアではありません。主にアプリの開発をやってます。勉強会には一切顔を出さず、たいていウェブで済ませて独学。家に技術本らしきものは一冊もありません。炎上案件に召喚され黒魔法で消火活動を行う暗黒プログラマです。記事の内容による損害について当方は一切責任を負いませんのでご了承ください。
https://note.mu/roba4coding
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした