Help us understand the problem. What is going on with this article?

Postmanからカスタムコネクタを作成するときのTips

More than 1 year has passed since last update.

まことにすみません

本件は、Power Apps Advent Calendar 2019 の記事ですが
アップにかなり時間を要しました。
ほんと、すみません。

カスタムコネクタ

Power Apps および Power Automate には、既に数多くのコネクタが用意されています。
image.png

が、そこに存在しないAPIを使いたい場合は、HTTPコネクタを使用するのも手ですが
オリジナルのコネクタを作成するという機能があります。

どこから行くの??

メニューからデータ>カスタムコネクタ でアクセス可能です。
image.png

image.png

新規作成メニューを開いてみると・・・

image.png

Postman コレクションを使うことができます!
APIのテストでよく使うPostman!
そのセーブデータがそのまま使用できちゃうのです。

image.png
データ形式はV1のみ対応しているようですので、PostmanからExportしちゃいましょう!

Postman

エクスポート

image.png

対象のコレクションのメニューから「Export」を選択します。

image.png

読み込み可能なバージョンはV1なので、V1を選択してExportしちゃいましょう。

動的パスの指定の仕方

image.png

この赤枠で示すような、URLが動的に変化するようなAPIの場合は、Postman側では以下のように設定しましょう!

image.png

https://XXXX.com/public/zzzzz/:<Key名称>

すると、Paramsタブが以下のように変化します。

image.png

まとめ

というわけで、Postmanのコレクションからカスタムコネクタを作成するときのTipsを簡単にまとめてみました。
実は、私もこれハマってたところ Twitterにて idea.toString(); の管理人でおなじみの
@hrfmjp さんに教えてもらいました!本当にありがとうございます!

rnakamuramartiny
No Bike(Motorcycle) No Life! バイクをこよなく愛する中年エンジニアです。 福岡市を中心にクラウド製品コンサルを主にやってます。 本Qiitaではそれらに携わることで出てきた問題点やその解決法などを共有できたらなぁと
http://sentreseau.com
sentreseau
お客様の業務に最適なDXソリューションをご提案しています。
http://sentreseau.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away