Help us understand the problem. What is going on with this article?

AirPodsの接続先、Mac↔iPhoneの切り替えを早くする

この記事で扱うこと

AirPodsの接続先の変更 Mac ↔ iPhone どちらももっと早くシンプルにスイッチしたい。
イヤホン装着 → 1アクション → 接続完了 を目指します。

具体的な方法は以下です。

  1. Mac(Catalina) : AlfredでAirpodsを再接続
  2. iPhone(ios13) : SiriでAirpodsを再接続

※ もっと早く切り替えられる方法をご存知の方がいたら是非!コメントください!

はじめに

一度使ったらもう戻れない、便利なイヤホン、AirPods。朝から晩まで酷使しているほど好きな人は多いはず。 (私です)

仕事中はMacに接続、席を立ったり、外出したりする際はiPhoneと、頻繁に接続先を変えることが多いのですが、なんだかこの 再接続作業がしんどい

数アクション、急いでも10秒ほど時間がかかってしまいます。

現状の、Macに接続する場合

  • 環境設定 → Bluetooth → 【AirPods名】をクリック
  • 環境設定 → サウンド → 【AirPods名】をクリック
  • ("メニューバーにBluetoothを表示"をON) → 画面右上のBluetoothアイコンをクリック → 【AirPods名】をクリック

このあたりでしょうか。
言いたいことはシンプルに、マウスで2クリック以上かかる。これは非常に辛いです。

現状の、iPhoneに接続する場合

  • 設定アプリ → Bluetooth → 【AirPods名】をクリック
  • コントロールセンター → Bluetoothを長押し * 2回 → 【AirPods名】をクリック

こちらもなかなかの辛さです。

1. Macへ素早く接続する

まずはMacの接続を早くする方法を考えます。

Alfred

キーボードを前にしているので、私の大好きなランチャーアプリ Alfred を軸に考えてみます。
今回はWorkflowsを使うので、もしまだ無料版を使ってる方はサクッとここから購入しましょう。
買って絶対に損はありません。

AirPods Connector

神の力を借ります。
使っているのがどっちのイヤホンかで導入すべきWorkflowsが違います。

概要はほぼ同じです。

インストール

上記のページからDLした、.alfredwファイル をダブルクリックでインストール。

あとはこちらのドキュメンの通りにインストールします。
もしこの時点でhomebrewがインストールされてなければインストールしてください。

ターミナルで以下を入力

# BluetoothConnector使用してユーティリティをインストール
% brew install bluetoothconnector

# アップグレード
% brew upgrade bluetoothconnector

使い方

ここまできたら、Alfredを起動し、ざっと airp くらいまで入力すると Configure AirPods Pro device と表示されるので、自分の【AirPods名】を選択すると、接続します。
楽ちんです。

2. iPhoneへ素早く接続する

siri経由で、workflowを叩く案を採用してみました。

こちらを参考にさせていて頂いています。ありがとうございます。

ほぼこの記事の通りですが、一応ここにも手順を残します

設定手順

  • iPhoneで「ショートカット」アプリを起動
  • 「ショートカットを作成」をタップ
  • 「+ アクションを追加」をタップ
  • 候補画面にある検索バーで「再生出力先を設定」を探してタップ
  • 再生出力先を【AirPods名】に変更する。(このとき表示されてなければAirPodsをiPhoneに近づける)
  • 画面右上の「次へ」をタップ
  • 最後にSiri実行時のキーワードを決めて保存
  • 設定から「ホーム画面に追加」を行えば、siri不要でアイコンタップでも実行可能 (← 2020/08/17 追記)

使い方

キーワードを AirPodsに接続 などとしておけば、イヤホンを耳にはめた状態で 「Hey Siri、AirPodsに接続」 と呼ぶと接続できます。

参考記事

ありがとうございます。

rmlabo
フリーランスのUIデザイナーです。
https://rm-labo.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away