5000円以下でAI, IoT, RISC-Vが全部試せるガジェット

今回は、最近の技術要素がお手軽なコスト(※1)で凝縮されているシングルボードコンピュータ(SBC)キットである、「Sipeed Maixduino Kit」を紹介します。

※1: 2019年7月11現在、国内では3,500〜3,888円で販売されています。


主な国内販売店

※ なお、M5StickVという超小型な無線なしのバッテリー内蔵のものもあります。


キットの構成

まず、キットの構成は次の通りです。


  • SBC(Maixduino)本体


    • サイズ:Arduino UNOとほぼ同じピン配置、ボード形状

    • USBコネクタ:Type-C



  • カメラ


    • 最大解像度:1600x1200



  • 液晶


    • 画面サイズ:2.4インチ

    • 解像度:QVGA(320x240)




ボード本体の機能


  • メインMPUモジュール



    • Sipeed M1 module w/o WiFi(SOM)



      • Kendryte K210(SoC)



        • RISC-V(64bit/デュアルコア/FPU付)

        • 各種ハードウェアアクセラレータ


          • KPU(汎用ニューラルネットワーク処理)

          • APU(音声)

          • FFT(周波数)

          • AES/SHA256(セキュリティ)









  • 無線モジュール(サブMPU)


    • ESP32(ESP-WROOM-32)


      • Wi-Fi(2.4GHz, 802.11.b/g/n)

      • Bluetooth 4.2(BLE/Classic)





  • マイク


    • モノラル



  • スピーカーアンプ(3W)


    • スピーカー自体はついてないので外付けする必要有



  • microSD(TF)スロット


    • microSDをさすことができる



  • Arduino互換ピン


なにができるのか?

このキットとPCを使ってできることは次のようなことです。


  • プログラミング


    • Python


      • MicroPythonベースのMaixPyがプレインストール済

      • PCとUSBでシリアル通信でPythonコードを書き込める



    • Arduino


      • Arduino IDE上で開発可能





  • 深層学習


    • 動画・静止画

    • 音声



  • IoT

  • ロボットカー