Help us understand the problem. What is going on with this article?

GNU コンパイラ・コレクション C言語拡張

More than 5 years have passed since last update.

gcc GNU C 拡張を気が向いたらメモる(´・ω・`)


・正しいことは保証しない
・場合によってはちょこちょこ更新する。

ブロック文(複文)を式として評価

({宣言 または 文; ... 文;})

最後の文が式として評価される。

このブロック文内の式の評価は一度だけ。マクロにして安心。
ブロック内の文は定数式、ビット・フィールド、初期化された静的変数は使えない。

例:

int f(int a) { return a; }
int ret = f( ({int x=0; ++x; x;}) );

マクロとして利用できるだろう。
次の typeof と合わせて使うと(・∀・)イイ!!

また、式と評価されるので関数呼び出しにも使える。
関数呼び出しに渡す場合、式として評価させるため三項演算子を利用することがある。

printf("%d %s\n", count > 0 ? count : 0, " hit(s)");

上の文は次のように書き換えられる。

int hit; 
....
printf( ({int count=hit; count>0 ? "%d %s\n", count, "hits" : "%s\n", "no hit";}) );

非常にわかりにくい。
しかし対応するオブジェクトがなくとも、スタックを用意するフォーマット指定子が選択的になった。
また、 count のスコープは制限されている。

typeof

typeof( 式 または 型 )

typedef に似てる。
typedef は別名を付けるのに対し、こちらは新しい宣言子のように使える。

int _x;
typeof(_x) x;

#define Type(typename) typeof(typename)
#define Pointer(T) typeof(T *)

Type(int) x = 0;
Pointer(int) p = &x;

つづく?

GNU C 拡張機能
https://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc-4.8.3/gcc/C-Extensions.html#C-Extensions

GNU C モジュール・リスト
http://www.gnu.org/software/gnulib/MODULES.html

GNU C データ型・インデックス
http://www.gnu.org/software/libc/manual/html_node/Type-Index.html#Type-Index

GNU C コンセプト・インデックス
http://www.gnu.org/software/libc/manual/html_node/Concept-Index.html#Concept-Index

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした