Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Unity】UnityインストールからARアプリ作成まで(iOS, Android)【Vuforia】

UnityとVuforiaを使用してARサンプルアプリを作る

開発環境

  • macOS High Sierra 10.13.3
  • Unity 2018.1.1f1 Personal
  • XCode 9.4
  • Android Studio 3.0.1

Unityインストール

スクリーンショット 2018-06-04 16.55.22.png

Unity公式ページからアカウントを作成し、最新版を入手する。

vuforia.png

基本的にはインストールガイドに従って貰えば問題ないが、Vuforiaの項目があるので忘れずにチェックすること

プロジェクト作成

スクリーンショット 2018-06-04 17.02.25.png

Unityを起動後、Newを選択してプロジェクトを作成する。
今回はsampleというプロジェクト名で進めていく。

スクリーンショット 2018-06-04 17.06.42.png

無事作成が完了すると、上記の画面が表示される。

vuforiaの設定

vuforiaはQualcommにより提供されているAR開発をサポートするライブラリ。
今回はこれを使用してAR開発を行う。

アカウント作成

vuforia Developer Portalからアカウントを作成して、ログインする。

Development Key 発行

vuforiaを使用してARアプリをテストする際に必要となる。
スクリーンショット 2018-06-04 17.18.31.png

Develop > License Manager > Get Development Key から、App Nameを入力し、同意後にを決定ボタンを押下。

スクリーンショット 2018-06-04 17.22.41.png

上記の用に作成されるので、リンクをクリックしてLicense Keyを確認することができる。

スクリーンショット 2018-06-04 17.27.10.png

License Keyは後ほどUnityにて使用するため、メモしておくこと。

マーカーの登録

アプリにて認識する際のマーカーの登録をvuforiaにて行う。

スクリーンショット 2018-06-04 17.30.44.png

Develop > Target Manager > Add Database から、マーカーを管理するDatabaseを作成。
作成後、リンクをクリックすることでマーカーの登録を行う。

スクリーンショット 2018-06-04 17.40.18.png

Add Targetから、マーカーとして登録したい画像を選択する。
widthは適当に100とかにしておく。
Addボタン押下で登録完了。

sample.jpg

今回は上記マーカーを登録した。

スクリーンショット 2018-06-04 17.42.25.png

上記の用に追加されていることを確認できたら、チェックしてDownload Databaseを押下。

スクリーンショット 2018-06-04 17.46.34.png

Unity Editorを選択してDownloadボタンを押下。
sample.unitypackageが保存される。
こちらも後ほどUnityにて使用する。

ARしてみる

スクリーンショット 2018-06-04 17.51.37.png

Unityの画面に戻り、HierarchyタブのMain Cameraは今回使用しないため、削除する。

スクリーンショット 2018-06-04 17.56.13.png

次に、下記を選択して追加する。

  • GameObject > Vuforia > AR Camera
  • GameObject > Vuforia > Camera Image > Camera Image Target

Importするか?って聞かれたらImportしておく。

スクリーンショット 2018-06-05 9.42.53.png

次に表示するモデルを作成する。
今回はGameObject > 3D Object > Cubeを使用。

スクリーンショット 2018-06-05 9.46.27.png

その後、CubeをImageTargetに対してドラック&ドロップすることで、上記図のようになる。

スクリーンショット 2018-06-05 9.50.36.png

次にAR使用の設定を行う。
Edit > Priject Settings > Playerを選択する。

スクリーンショット 2018-06-05 9.51.37.png

Inspectorタブを選択し、XR Settings の Vuforia Augmented Reality Supported にチェックを入れる

スクリーンショット 2018-06-05 9.56.03.png

次にHierarchyタブのAR Cameraを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 9.57.25.png

Inspectorタブの Vuforia Behaviour にある Open Vuforia configurationを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.01.05.png

上記図のように表示されるので、ここで取得したLicense Keyを入力する。

スクリーンショット 2018-06-05 10.06.03.png

次に、先ほどダウンロードしたsample.unitypackageを開き、Importを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.27.28.png

HierarchyタブのImage Targetを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.28.52.png

Inspectorタブの Image Target Behaviour の Type を Predefined に変更し、DatabaseとImage Targetを設定。
スクリーンショット 2018-06-05 10.51.04.png

スクリーンショット 2018-06-05 10.31.21.png

Hierarchyタブの Cube を選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.31.28.png

Inspectorタブの Scale を全て1にする。

スクリーンショット 2018-06-05 10.33.53.png

PCのカメラを起動する。
上記図にある再生ボタンを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.35.56.png

カメラに対してマーカーを当てることで、オブジェクトが表示される。
ARできた。

iOSアプリの作成

先ほど作成したARをiOSアプリとしてBuildする。

スクリーンショット 2018-06-05 10.48.16.png

File > Build Settingsを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.51.04.png

PlatformからiOSを選択し、Switch Platformを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.56.59.png

Edit > Project Settings > Playerを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 10.57.20.png

Inspector タブの Settings for iOS から、XR Settings の Vuforia Augmented Reality をチェック。

スクリーンショット 2018-06-05 10.58.42.png

次に、Inspector タブの Settings for iOS から、Other SettingsのSupported URL schemesにあるTarget minimum iOS Versionを9.0に設定する。

スクリーンショット 2018-06-05 11.07.15.png

File > Build Settingsを選択し、Buildを選択。
名前は適当につけて、Saveを選択。

スクリーンショット 2018-06-05 11.10.05.png

生成された。
Unity-iPhone.xcodeprojを開く。

スクリーンショット 2018-06-05 11.14.05.png

Teamを正しく設定し、実機ビルドすることで確認することができる。

IMG_6826.PNG

できた。

Androidアプリの作成

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした