Rails+rbenv+GitHubでローカル開発環境を構築する

  • 9
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

備忘録。
たまにやると忘れているので。

Preparation

Homebrew: Official
rbenv: Official
Git: brew install git
GitHub: Official

Mkdir for Project

$ mkdir ~/dev/rails/myapp
$ cd ~/dev/rails/myapp

Specify Ruby Version

# インストール済みのrubyのバージョンを確認
 $ rbenv versions

# インストール可能なrubyのバージョン確認
 $ rbenv install --list

# バージョンを選択してインストール(少々時間がかかる)
 $ rbenv install 2.2.3

# インストールに成功したら、 
 $ rbenv rehash

# 念のため、インストール済みのrubyのバージョンを確認
 $ rbenv versions

# プロジェクトで使用するrubyバージョンを指定
 $ rbenv local 2.2.3
 $ rbenv rehash

# => プロジェクトルートに".ruby-version"が作られる
 $ ls -la

# rubyバージョンを確認
 $ ruby -v
  # => ruby 2.2.3

bundler

# 先ほどインストールしたrubyにbundlerがインストールされているか確認
 $ rbenv exec gem list

# なければインストール
 $ rbenv exec gem install bundler

Install Rails

# Create Gemfile
 $ bundle init

# Edit Gemfile
 $ vim Gemfile
  # gem "rails"の行の先頭のコメントアウトを外す

# Install Rails(少々時間がかかる)
 $ bundle install --path vendor/bundle

# バージョンを確認
# バージョンが表示されればインストールに成功
 $ bundle exec rails -v
  # => Rails 4.2.4

Create New Rails App

  • -Bオプションを指定(bundle installが自動で実行されない)
  • -Tオプションを指定(Rspecを使用する場合)
  • -dオプションを指定(DBをsqlite3から変更する場合)
# DBにPostgreSQLを使用
 $ bundle exec rails new . -BT -d postgresql

# Gemfileは上書きしてOK
 conflict  Gemfile
 Overwrite /Users/****/dev/rails/myapp/Gemfile? (enter "h" for help) [Ynaqdh] y

# .gitignoreに"vendor/bundle"を追記する
 $ vim .gitignore
  add "/vendor/bundle"

# gemをインストール
 $ bundle install

Settings PostgreSQL

$ createuser myapp
$ createdb myapp_development

Push to Github

$ git init
$ git remote add origin "GitHubのリポジトリ"
$ git add .
$ git commit -m "Setting my rails app"
$ git push -u origin master