LoginSignup
192

More than 5 years have passed since last update.

IE対策:互換表示させない。

Last updated at Posted at 2014-08-18

IEのバージョンごとにレンダリング方法が変わり、
互換表示と標準表示方法があるやっかいなIEの対策。

IEでWebページを正しく表示できない場合に、
互換モードになっていることが多いです。

常に標準モードになる<meta>タグを入れておくようにします。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge"/>

上記を、

  1. <head>内に入れる。
  2. cssやjsファイルが記述されている箇所の前に入れる。
    (外部のファイルの読み込みがあるとそこで表示モードが決定してしまうそうです。)

content="IE=edge"はIEの最新バージョンの標準モードを表しています。
IE7を使用している場合は、IE7、IE10を使用している場合はIE10のレンダリングモードで表示されます。

IE7であろうが、IE11であろうが、
IE8のレンダリングモードにしたいときは、
content="IE=8"という風に指定もできます。

IE11 

キャプチャ_.PNG

IE11のドキュメントモードの既定値はEdgeです。

IE10のドキュメントモードが最後の新しいドキュメントモードになり、
IE11からは、Edgeモードになりました。

IE10以前のブラウザ環境で、
互換させたいときは、これまで通り<meta>タグでサポートします。

参考

IEに互換表示をさせないX-UA-Compatibleの指定
http://www.loconoco.info/?p=665

IE=edgeが効かない場合の対処法
http://www.useful-notes.com/others/ie-edgenotvalid/

IE8以降のバージョンでレンダリングモードをmeta要素で指定する時のまとめ
http://mj-wave.com/post-714/

Web制作者は注意! Internet Explorer 11で変更された「互換性」
http://www.buildinsider.net/web/ie11attention/01

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
192