初心者
RubyOnRails
プログラミングとは

超初心者がRuby on Railsをやってみて

ぜひ、これからプログラミングをまない始めるという方々に読んで欲しい。
*マークダウンの記述の仕方は今回qiitaを通して初めて知りました。

目次

-背景
-目的
-サマリー
-課題
-解決に向かって
-やったこと
-まとめ
-今後

背景

現在文系大学4年生で来年の4月からランサーズ株式会社に新卒入社をするということでエンジニア学習をすることになった
「文系なのにプログラミングできるの?」←はい、できません
例に漏れずほぼ未経験であったため、先輩方に言われるがまま
手始めにruby on railsをやることに、、、
もちろん、「なんだそれは」状態であった

HTMLに触れたことがあるくらいのレベルの当方は
いろいろなプログラミング言語がある中で、
どんな言語によって何ができるのかなんて全く分からなかったため、始めるタイミングで軽く調べることに

目的

・入社時にエンジニアとしてスタートできるようにするためにrailsを使って学習する
・4月入社に合わせてそのタイミングにまでに何かしらのサービスを作成する
・初心者という段階から有級者のレベルにまでもっていく

サマリー

「とりあえずやってみる」というわけではないが、
何もわからないからとにかく始めてみよう

課題

今まで「プログラミング」に触れる機会などなかったので、とにかくなにもわからない状態である
わからないため語句の理解ができていない
目的達成(tutorialの完了)までの計画設定
以前からやっている仕事・学校との時間の兼ね合い
まとめ方・プレゼンの仕方
そもそもプログラミングって何ができるの状態
理解できなさ過ぎて怠けてしまう

解決(どういう風にして)

ruby on rails tutorial を利用して学習を行い理解を深めていく
学習中に出てきたわからない語句をその都度調べる
完了までの計画は上司の力を借りて確認しながら立てる
時間は自身の用事との比重関係を考えエンジニア学習の時間を捻出
プレゼン方法は上司に相談する
(そこで気づいたことの一つに「いままでやってきた営業とは全然違う」というのがあげられる)
グーグル先生にめちゃんこお世話になる
モチベートの仕方の一つとして「怒られる」ことによって引き締まった←見直す必要あり
やったこと
今回、tutorialに関しての内容は今後詰まったとこシリーズでまとめるため今回割愛します。
初心者目線で助けられたものとして、@mochikichi321さんの
投稿を演習の答えわせやエラーの簡易確認に利用させていただいた。
今回やっていて起きたエラーの大半がケアレスミスで片付くものであった(以下内容である)
インデントの位置、全角半角のミス、end忘れ、保存時のcontrol+Sの入力ミスによるSの誤入力
成果物はrailsで作成したツイッター似サイト
https://rocky-shore-85049.herokuapp.com/
完成時画像
rails.png

まとめ

今回完成まで行けたのは先輩社員の存在が大きく一人で完成はまず難しかったとみられる。
もし一人で学習するのであれば学習環境として辞典というわけではないがそれに見合うものを用意するのもいいのではないかと感じた。
また、自身が作成予定の成果物をモックアップでははなく、実物で作成に移る前に確認することをやった方がいいと感じた<=初心者(当方)からするとモックアップと違うものが出来上がることが不安
計画に沿って行うことが何よりも重要である。
これが何よりもの学びであり、何よりも重要であった。
上記にあるケアレスミスが目立ったのでその点も注意しながら進めると詰まる部分が減り、円滑に作業を行えるようになる。
初心者は自分の力を過信しすぎず素直にわからない箇所は人に聞くこと、計画等は余裕をもって行うことが大切だと感じた。

今後

時間配分・計画を初段階で考え定期的に見直す癖をつけていきたい。
自身の意欲の生み出し方、モチベートの仕方をルーティン化できるようにしたい。
現在が11月末ということで残り4か月で何かサービスを作成したい。
方法としては今月から来月頭に向けてprogateを利用してrails、SQL、gitについて理解をより深め終わり次第、ワイヤーフレームを作成しリリースに向けて動いていく。