Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 3 で CO2濃度を測る

Raspberry Pi 3 で CO2濃度を測る

2020/03/30 update:
Raspberry Pi 3 で CO2濃度を測る (Raspbian OS) に、手順をアップデートしたものを記載しました。

はじめに

社内で、この記事をきっかけに「社内のCO2濃度を測ってみたいね」「計測器を買ったり借りたりすると高いから、Raspberry Piでなんとかならないの?」という話になったので、さっそく試してみました。
すでに実績のある手順が公開されているので、参考にしました。

なぜ、カフェだと仕事がはかどるのか、を実験してみた。

端的にいうと、仕事場でいちばん生産性に影響を及ぼす因子は、気温とCO2濃度。その気温とCO2濃度がもっとも低く、生産性を高める環境というのが、自宅でも、オフィスでもなく、カフェなんだとか。

参考情報

前提条件

準備する物

OSのセットアップ

/boot/config.txt に enable_uart=1 を追加して UART を有効にします。

$ sudo vi /boot/config.txt

差分

diff --git 1/tmp/confifg.old 2/tmp/confifg.new
index 671312c..8cfe831 100644
--- 1/tmp/confifg.old
+++ 2/tmp/confifg.new
@@ -10,3 +10,4 @@ disable_overscan=0
 core_freq=250
 sdram_freq=400
 over_voltage=0
+enable_uart=1

変更後、OS を再起動します。

$ sudo reboot

MH-Z19 の動作環境のセットアップ

プログラム動作環境のセットアップ

制御プログラムを動かすために、python-pip と pyserial をインストールします。

$ cd /tmp
$ sudo curl "https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py" -o "get-pip.py"
$ sudo python get-pip.py
$ sudo pip install pyserial
$ sudo pip install redis

制御プログラムを取得するために、git をインストールします。

$ sudo yum install git -y

制御プログラムを git clone で取得します。あわせて制御プログラムから呼び出しているモジュールをインストールします。

$ cd
$ git clone https://github.com/UedaTakeyuki/slider.git
$ sudo pip install getrpimodel

ジャンパーワイヤを結線する。

"窓を開けて新鮮な空気をいれよう!Raspberry Pi でCO2 濃度を測ろう" の接続図を参考にしました。

IMG_20170822_021845.jpg

制御プログラムを実行する。

git clone で取得した制御プログラムを実行します。
出力された値の単位は ppm。この場合は、 453ppm。
User's Manual よると ±(50ppm + 5%)の誤差があり、外気は約400ppmだそうなので、およそ正しそう。

$ cd slider
$ sudo mkdir -p /home/pi/LOG/
$ sudo python ./mh_z19.py
co2= 453

補正(キャリブレーション)

値が正しくなさそうな場合は、User's Manual 8ページ目に記載されている Calibrate zero point のコマンドを送信する。
Calibrate zero point のコマンドは、mh_z19.pyのコードを参考に、以下のように実装。
戻り値はないので、実行のみ。

  • calibrate.py
# -*- coding: utf-8 -*-
# refer http://eleparts.co.kr/data/design/product_file/SENSOR/gas/MH-Z19_CO2%20Manual%20V2.pdf
#
# <C2><A9> Takeyuki UEDA 2015 -

import serial
import time
import subprocess
import slider_utils as slider
import getrpimodel

if getrpimodel.model() == "3 Model B":
  serial_dev = '/dev/ttyS0'
  stop_getty = 'sudo systemctl stop serial-getty@ttyS0.service'
  start_getty = 'sudo systemctl start serial-getty@ttyS0.service'
else:
  serial_dev = '/dev/ttyAMA0'
  stop_getty = 'sudo systemctl stop serial-getty@ttyAMA0.service'
  start_getty = 'sudo systemctl start serial-getty@ttyAMA0.service'


def calibrateZeroPoing():
  try:
    ser = serial.Serial(serial_dev,
                        baudrate=9600,
                        bytesize=serial.EIGHTBITS,
                        parity=serial.PARITY_NONE,
                        stopbits=serial.STOPBITS_ONE,
                        timeout=1.0)
    while 1:
      result=ser.write("\xff\x01\x87\x00\x00\x00\x00\x00\x78")
      break
  except IOError:
    slider.io_error_report()
  except:
    slider.unknown_error_report()

if __name__ == '__main__':
  calibrateZeroPoing()
  print "caribration zero point done."

実行します。

$ sudo python ./calibrate.py
caribration zero point done.

再度、mh_z19.py を実行し値を確認します。

cron 実行と値の記録

cron で 10 分毎に実行し、ファイルに出力する例。
(もしくは、mh_z19.py でファイル出力を実装する。)

*/10 * * * * sudo python /PATH/TO/slider/mh_z19.py >> /tmp/co2.txt

モノクロOLEDモジュールにCO2濃度を表示

"Raspberry Pi 3 Model Bに Adafruit PiOLED を接続" に、関連記事を書きました。

今後

  • MH-Z19 に単一列端子ピン ヘッダーをつけて結線を見直す。
  • Chart.jsなどでグラフ化する。
  • 閾値を設けて、超えたら換気を促すTypetalk botをつくる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした