Edited at

RedHat Quarkusを使ってビルドしたDockerコンテナを起動するところまで

RedHatがKubernetesなどのコンテナ環境に最適化されたJavaアプリケーションを実現するフレームワーク「Quarkus」を2019年3月7日に公開しました。

このフレームワークを使って実際にDockerコンテナを起動できるところまでやってみます。ごちゃごちゃとした説明は省き、端的にコマンドだけ示します。


macosのセットアップ

JavaやMavenなどの必要なものをbrewでインストールします。

brew cask install java

brew install maven


Quarkusのレポジトリをclone


git clone https://github.com/quarkusio/quarkus-quickstarts.git


ローカルで起動

cd quarkus-quickstarts/getting-started

mvn compile quarkus:dev


curlで接続してアプリケーションが動作しているか確認

curl http://localhost:8080/hello


dockerイメージをビルド


mvn package -Pnative -Dnative-image.docker-build=true
docker build -f src/main/docker/Dockerfile -t quarkus/getting-started .


dockerイメージからコンテナを起動

docker run -i --rm -p 8080:8080 quarkus/getting-started


curlで接続してアプリケーションが動作しているか確認

curl http://localhost:8080/hello