Android
Unity

UnityからAndroid実機ビルド手順(2017.08版)

1.はじめに

Unity向けAndroidビルド方法は以前より複雑化したものの、
日本語ドキュメントは5.4で止まっており、本家英語版のマニュアルでも
情報が不十分なこともあり、一度、2017年8月現在の最新Unity環境で、最短でAndroid向けの
ビルド手順について記載するドキュメントの必要性を感じ、今回まとめることとなりました。
なお、実機のセットアップ方法については、機種によって設定が異なるため、
今回は割愛させて頂いております。

【2017.12.13追記】
情報が不足していた点があったため、追記いたしました。
(Jasmin3さん、ありがとうございます)

2.環境

Unity 2017.1.0f3
Java Development Kit 8u144
Android Studio 2.3.3.0(後述しますが、2017.1.0f3は未対応です)
Android SDK r25.2.5
Android NDK r10e

3.JDKセットアップ

(1) 下記URLを開きます。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

(2) 『Accept License Agreement』の左のラジオボタンを選択し、
Windows x64の項目にあるexeファイルのリンクをクリックします。
20170802_ss27.jpg

(3) ダウンロードしたexeファイルを実行します。

(4) 『次(N) >』を押します。
20170802_ss28.jpg

(5) 『次(N) >』を押します。
20170802_ss29.jpg

(6) 『次(N) >』を押します。
20170802_ss30.jpg

(7) 『閉じる(c)』を押します。
20170802_ss31.jpg

4.Android SDKセットアップ

通常は、下記(A)のパターンを行うだけで大丈夫です。
…なのですが、タイミングが悪いことに今のバージョンで動かすには(B)のパターンで行う必要があります。
(将来的にUnityのバージョンアップにより(A)のパターンだけで大丈夫になるはずです)

(A)Android StudioのSDKを使用するパターン

(1)下記URLからAndroid Studioをダウンロードします。
https://developer.android.com/studio/index.html
20170802_ss10a.jpg

(2)ダウンロードしたexeファイルを実行します。

(3) 『Android SDK』にチェックが入っていることを確認し、『Next >』を押します。
20170802_ss12.jpg

(4) 『I Agree』を押します。
20170802_ss13.jpg

(5) Android Studio、Android SDKのインストール先を指定し、『Next >』を押します。
20170802_ss14.jpg

(6) スタートメニューにAndroid Studioのショートカットを作成するかの設定をします。
ショートカットを作成しない場合は、『Do not create shortcuts』にチェックを入れます。
次の画面に進むには、『Install』を押します。
20170802_ss15.jpg

(7) 『Next >』を押します。
20170802_ss16.jpg

(8) 『Start Android Studio』のチェックを外し、『Finish』ボタンを押します。
20170802_ss17.jpg

(B)過去バージョンのAndroid SDKを使用する場合

(1) 下記URLのzipファイルをダウンロードし、適当なフォルダに展開します。
http://dl-ssl.google.com/android/repository/tools_r25.2.5-windows.zip

(2) 解凍したzip内のtoolsフォルダ内にある『android.bat』を実行します。

(3) 『Android 7.1.1 (API 25)』の横にチェックを付け、
『Install 17 packages...』ボタンを押します。(数字の部分は異なる可能性があります)
20170802_ss22.jpg

(4) 『Accept License』の横のラジオボタンを選択し、『Install』ボタンを押します。
20170802_ss23.jpg

(5) 以下のようなLogウインドウが表示された場合は、インストール中でも『Close』ボタンで閉じることが可能です。
20170802_ss24.jpg

(6) Android SDK Managerウインドウの下部に『Done loading packages.』と表示されると
インストールは完了ですので、Android SDK Managerウインドウを閉じます。
20170802_ss25.jpg

5.Android NDKセットアップ

Android NDKはIL2CPPを使用する場合に必要となります。
(1) 下記URLからzipファイルをダウンロードします。
https://dl.google.com/android/repository/android-ndk-r10e-windows-x86_64.zip

【2017.12.13追記】
Unity 2017.2.0ではNDKの要求バージョンが変更になったため、
ダウンロード先が下記のアドレスに変更となりました。
https://dl.google.com/android/repository/android-ndk-r13b-windows-x86_64.zip

ビルド時に使用されるNDKのバージョンは、
Unity上でEdit->Preferences...を選択し、『External Tools』を開き、
右側のAndroid項目以下に記載されています。
このバージョンは必ずしも最新ではないため注意が必要です。
20170802_ss9_2.jpg

(2) ダウンロードしたzipを適当なフォルダに展開します。
※zipのファイルサイズは1GB以上あるため、展開には時間がかかります

6.Unityセットアップ

(1) 下記URLからUnityのインストールファイルをダウンロードします。
https://unity3d.com/jp/get-unity/update/

(2) ダウンロードしたexeファイルを実行します。

(3) 『Next >』を押します。
20170802_ss1.jpg

(4) 『I accept the terms of the License Agreement』にチェックを付け、
『Next >』を押します。
20170802_ss2.jpg

(5) デフォルトで上の4つはチェックが入っていると思いますので、
『Android Build Support』にチェックを付け、『Next >』を押します。
20170802_ss3.jpg

(6) インストールファイルのダウンロード方法を下記から選択します。
(通常は、デフォルトの(a)のままで問題ないかと思います)
(a)インストール完了後に自動削除する一時ファイル
(b)任意のフォルダ
インストール先のフォルダ名を設定します。
フォルダ名はバージョンが付与された形にしておくことを推奨いたします。
上記の設定後、『Next >』を押します。
20170802_ss4.jpg

(7)ダウンロードとインストール完了後の画面では、
『Finish』を押し、Unityを起動します。
20170802_ss5.jpg

7.Androidビルド方法

(1) Unity起動後、適当なプロジェクトを作成します。

(2) File->Save Scenesで現在のシーンを保存します。

(3) Edit->Preferences...を選択します。
『External Tools』を選択し、Android項目にあるSDK、JDK、NDKにパスを指定します。
20170807_ss7a.jpg

(4) File->Build Settings... を選択します。
①Add Open Scenesを選択します
②Switch Platform ボタンを押します
③Player Settings...ボタンを押します。
※Player SettingsはInspectorに表示されます
20170802_ss8a.jpg

(5) Other Settings内の下記項目を設定します。
Package Name:『jp.test.Android』(ここでは適当な文字を設定しましたが、任意の文字で置換えてもOKです)
Script Backend: 『IL2CPP』
20170802_ss32.jpg

(6) Build Settingsから『Build』ボタンを押し、apkの保存先を決めてapkが出力されることを確認します。

8.実機インストールについて

実行方法は2種類ありますが、『Build And Run』が簡単です。
※前提条件としてデバッグ設定済の端末がUSB接続されている必要があります。

Build And Runを使用する場合
(1) File->Build Settings... を選択します。
(2) 『Build And Run』を押します。

apkを手動でインストールし、実行する場合
(1) 7.の手順で出力したapkの保存先をエクスプローラーで開きます。
(2) エクスプローラー内にマウスカーソルがあることを確認し、
シフトキーを押しながら右クリックし、Power Shellウインドウをここに開く(S)を選択します。
以下のコマンドを実行します。

adb install .\【保存APKファイル名】.apk

既に端末にインストールされている場合は、以下のコマンドを実行します。
adb install -r .\【保存APKファイル名】.apk

(3) アプリ一覧からインストールしたアプリを実行確認します

9.おわりに

ここまで、一通りのインストールと実行手順まで記載してきました。
Android環境はかなり移り変わりが激しいため、
いつまで有益な情報となるかは分かりませんが、
どなたかのお役に立てれば幸いです。