PHP
CodeIgniter
Composer

Codeigniter3.0の翻訳ファイルをComposerでお手軽に自動化

More than 3 years have passed since last update.

通常Composerで、Projectタイプをインストールする時には

php composer.phar create-project "codeigniter/framework:3.0"

以上のようにしますが、これはCodeigniter3.0がComposerに対応しているからこそ簡単にできるわけです。

そして、Codeigniter3.0の公式翻訳ファイルはcomposer.json作られてないので、インストールもちょっと面倒なんですよね。

そこで、半ば強引に対応させて、ダウンロードもファイルのインストールもComposerで、やってみました。


本体のインストール後、composer.json作成

以下のcomposer.jsonを作成して、php composer.phar update


composer.json

{

"repositories": [
{
"type":"package",
"package": {
"name": "bcit-ci/codeigniter3-translations",
"version": "3.0.0",
"source": {
"url": "https://github.com/bcit-ci/codeigniter3-translations",
"type": "git",
"reference": "3.0.0"
}
}
}
],
"require": {
"bcit-ci/codeigniter3-translations": "3.0.0"
},
"scripts": {
"pre-autoload-dump": [
"mkdir -p system/language/japanese",
"rm -Rf system/language/japanese",
"cp -Rf vendor/bcit-ci/codeigniter3-translations/language/japanese system/language/"
]
}
}

すると、翻訳ファイルがCloneされ、scriptのシェルコマンドによりlanguage/japaneseパッケージだけが、system/language/へcopyされます。