Edited at

IntelliJ IDEAでModding

More than 5 years have passed since last update.


前準備(githubでコード管理したい場合のみ)

(Windows向け)msysGitなどのgitをインストールし, sshキーをgithubに登録しておく.


IDEAの導入

IntelliJ IDEA公式サイトからCommunityEditionの最新版(ver13.0.2)をDLしインストール.


設定関連

File→Settingsで設定画面が表示される. Project SettingsとIDE Settingsがあるので注意.


UIのフォント設定

IDE Settings→Appearanceで設定.

Override default font by (not recommended)のチェックを入れると変更可能になる.


エディタのフォント設定

IDE Settings→Editor→Color&Fonts→Fontで設定.

Scheme(テーマ)を適当な名前で保存すると変更可能になる.

Show only ~のチェックを外すと他のフォントを読み込むので設定可能.


エディタの外観設定

IDE Setting→Editor→Appearanceで設定.

Show right marginが右側の縦線の表示.

Show line numbersが行番号表示.

Show whitespacesがタブ/スペースの表示.


インデントの設定

Project Settings [Project Name]→Code Style→Javaで設定.

Use tab characterでタブ/インデントがタブ文字になる. デフォルトは半角スペース.

またその下の項目でタブサイズ, インデントサイズを設定可能.


githubの設定

Project Settings [Project Name]→Version Control→GitHubで設定.

LoginとPasswordはgithubのアカウントのログインIDとパスワード.


gitの設定

Project Settings [Project Name]→Version Control→Gitで設定.

Path to Git executable:にインストールしたgitのパスを入れる. TestでOKが出ればよい.

SSH executableは通常Built inでよい.


ForgeGradleによるModding環境構築


ForgeGradle側の準備


  • Minecraft Forge Downloadsから利用するビルド番号のsrcをDLする(現時点で1024以上推奨).



  • 適当なフォルダに解凍し, コマンドプロンプトを起動してforgeのフォルダ内で以下のコマンドを実行する.


    gradlew setupDecompWorkspace

    gradlew setupDevWorkspace ideaModule




setupDecompWorkspaceはデコンパイル環境の生成, setupDevWorkspace ideaModuleは開発環境とIDEAモジュールの生成である.


IDEA側の準備


  • IDEAを起動し, Create Project→Empty Projectで空のプロジェクトを作成する.

  • 作成した空のプロジェクトのルートフォルダ(IdeaProject\project_name\に先ほどのforgeフォルダ以下のものを全てコピーする. 特別な事をしていなければ(forge1024なら)以下のファイルをコピーする.


.gradle

build

eclipse

gradle

src

build.gradle

CREDITS-fml.txt

forge-1.7.2-10.12.0.1024-changelog.txt

forge-1.7.2-10.12.0.1024-src.iml

gradlew

gradlew.bat

LICENSE-fml.txt

MinecraftForge-Credits.txt

MinecraftForge-License.txt

README.txt



  • Project SettingsのProjectで利用するSDKと, Language Levelを指定する.

  • Project SettingsのModulesで緑の+をクリックし, import moduleで先のforge-1.7.2-10.12.0.1024-src.imlを指定する.

  • ModuleのLanguage LevelをプロジェクトのLanguage Levelと同じものに設定する.

  • (エラーが出ていなければ)OKを押してプロジェクト設定を閉じる. 出てたらナビゲートに従って修正.


起動構成を生成

コマンドプロンプトで先のプロジェクトのルートフォルダに移動し, 以下のコマンドを実行.


gradlew genIntellijRuns


実行後IDEAがプロジェクトの再読み込みを行う. このときbuild.gradleを読み込むかどうか聞かれるので必要なら読み込む.


実行フォルダの変更

起動構成はbuild.gradleにあるassetsDirを参照するようなので, assetsDirを変更していた場合は起動構成でエラーが出ます. デフォルトではassetDir=eclipse/assetsなので, これをrun/clinet/assetsなどにした場合は起動構成の実行フォルダをクライアントならrun/clinet, サーバーならrun/serverなどにして, run/clinet, run/serverフォルダを別途に作成する.

これでIDEAでのForgeGradleを使ったModding環境構築は完了です. src/main/javaにソースコードを, src/main/resourcesにリソースを設置してModdingを始めましょう.

なおgithubからのcloneやcommit, push, マルチプロジェクトなどは別記事にします.