cli
ionic
ionic-sub
ionic-sub-cli

Ionic-sub CLIに、aliasの自動設定コマンドを追加しました(Ionic v3対応)


使い方

$ npm i @rdlabo/ionic-sub -g

$ cd [Ionic Project Directory]
$ ionic-sub set alias

このコマンドを実行すると、Aliasと環境変数の設定を自動的に行います。


Alias

import文に@が使えるようになります。デフォルトの設定では相対パスを書かないといけないので、ファイルを移動したり、コピペしたりすると修正が必要でした。しかし、@を使うと常にsrc/からの相対パスとなりますので、Current Direvtoryを気にする必要がなくなります。

例えば、以下のように書けるようになります。

import { HomePage } from '../pages/home/home';


import { HomePage } from '@/pages/home/home';

import { Example } from '../../../providers/example/example';


import { Example } from '@/providers/example/example';


環境変数

Ionic v3のデフォルトの設定では、--prodをつけた場合とつけていない場合での処理の分岐を行うことができませんが、@app/environmentからのインポートによりそれを可能にします。

import { environment } from '@app/environment';

console.log(environment)

もし、--prodがついていれば、environment/environment.prod.tsからインポートを行います。ついていなければ、environment/environment.dev.tsからインポートを行います。デフォルトファイルを用意しておりますので、お試しください。


その他

Ionic-sub CLIをつくった経緯はこちらです。

また、他のコマンドについて https://github.com/rdlabo/ionic-sub をご覧ください。Starいただけると励みになります。また、ドキュメントつくってくださる方募集中。