Python
インストール

MacにPythonのインストール

More than 1 year has passed since last update.

Pythonをインストールする前に準備することがあります。


Homebrew

Homebrewをインストールします。


rubyはMacOSにインストールされていますので、以下のコマンドをターミナルから実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"  

インストール先を確認しましょう。


$ which brew


/usr/local/bin/brew

Homebrewをアップデートするには以下のコマンドを実行します。


$ brew update && brew upgrade


pyenv

次にPyenvをインストールします。これはPythonのバージョン管理ソフトウエアーです。

通常MacOSにはPython2.7がインストール済みですが、複数のバージョンのPythonを利用する場合には、このソフトウエアーを利用します。


$ brew install pyenv


その後、自分のホームディレクトリーにある.bash_profileを編集します。


viで編集するか、

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"

export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

以下のように.bash_profileに書き込みます。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile

$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

その後、


$ source .bash_profile


でリフレッシュします。

これで、Pythonをインストールする準備は整いました。


それでは、実際にインストールしてみましょう。

インストール可能なPythonの一覧は以下のコマンドで確認できます。

$ pyenv install -l  

Available versions:
2.1.3
2.2.3
2.3.7

特定のバージョンをインストールします。


$ pyenv install 3.5.1

インストールされたバージョンを確認します。

$ pyenv versions  

* system (set by /Users/yoshi/.pyenv/version)
3.5.1

実際アクティブにするバージョンを選択するには、


$ pyenv global 3.5.1


とします。確認してみると、

$ pyenv versions  

system
* 3.5.1 (set by /Users/yoshi/.pyenv/version)
のように*印が変更されています。

これで3.5.1のバージョンをインストールできました。


確認してみましょう。


$ which python


/Users/ユーザ名/.pyenv/shims/python


自分のホームディレクトリーの.pyenvにインストールされています。


それでは実際に起動してみます。

$ python  

Python 3.5.1 (default, Jul 5 2016, 01:34:21)
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 7.3.0 (clang-703.0.31)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
\>>>