Edited at

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(1)- 地図を表示する


記事一覧

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(記事一覧)


環境


  • Xcode 10.01 (Swift 4.2.1) 2018/10/30リリース


プロジェクトを作成する



  1. Xcodeを立ち上げて、Create a new Xcode projectを押す。

    WelcometoXcode.png



  2. Single View Appを選択してNextを押す。

    SingleViewApp.png



  3. Product Nameにアプリ名称を入力する。

    Nextを押すと(4.)の画像にあるGeneralの設定画面が表示される。


    Product Name.png



  4. Display Name、Deployment Target、Deviceを設定する。


    • Display Name:アプリのアイコンなどに表示される名前

    • Deployment Target:iOSバージョン

    • Device:デバイス(iPhone / iPad / Universal)

    General.png



MkMapViewで地図を表示する



  1. storyboardに表示されるデバイスを設定しておく。

    Device.png

    Device2.png



  2. storyboardにMkMapViewを貼り付ける。

    「command + shift + l(エル)」を押すとObjectを選択するWindowが表示される。

    Map Kit Viewをstoryboard上のデバイスまでドラックしてドロップする。

    MkMapView.png

    貼り付けたMkMapViewを画面いっぱいに引き伸ばす。

    MkMapView2.png



  3. ViewController.swiftにMkMapViewの変数を定義する。


    MkMapViewの変数を定義

    import UIKit
    
    import MapKit

    class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet var mapView: MKMapView!

    override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }
    }





  4. mapView変数にMkMapViewを紐付ける。

    Map Viewで右クリックし、Referencing Outletsの○をView Controllerまでドラックしてドロップする。


    MapViewOutlet.png



    紐付ける変数を選択する。

    MapViewOutlet2.png



     


  5. ▶︎を押してPCシミュレータを起動する。

    Runsimulator.png



記事一覧

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(記事一覧)